シグマの山木社長に、たってのお願い…

シグマ・85mmF1.4 DG HSM Art+キヤノン・EOS 5D Mk4

 シグマの新型85mmレンズを使ってみての不満は大きくて重いこと。描写性能がいいのだから、多少の大きさ重さはガマンしろという意見はもっともだとは思うが「大きさ重さ=操作性」と考えればいささか使いづらいレンズではある。
 操作性を犠牲にして描写性能を優先させたシグマの考え方をまったく否定するわけではないが、優れた操作性と描写性能を「両立」させた次世代のレンズを、ぜひシグマにはチャレンジして欲しい。シグマのいまの技術力(設計力と製造力)と勇気力(果敢な挑戦力)をもってすれば不可能なことではないと思う。

 操作性といえば、新しいプロダクトライン(コンテンポラリ、アート、スポーツ)を始めてから、とくにアートラインのレンズで手ぶれ補正内蔵がほとんど出てこない。大口径で優れた描写性を狙ったレンズを作ることに徹しているようだ。
 なにがなんでも手ぶれ補正をというわけではないが、大口径で高画質で手ぶれ補正内蔵のレンズが「たまに」出てきてもいいではないかと。




 シグマは新型レンズを発売するとき対応マウントはシグマ、ニコン、キヤノンの3本が中心。そのシグマ、ニコン、キヤノンのどのカメラボディにも手ぶれ補正の機能を備えていない。いつも必ず三脚を使うという人には手ぶれ補正は必要ないだろうが、手持ち撮影の人にとっては手ぶれ補正の機能はじつにありがたい。
 一眼レフカメラでいえばペンタックスとソニーがボディ内に手ぶれ補正の機構を内蔵している。だからレンズ内に手ぶれ補正の機能がなくてもいい。たとえばこの85mmF1.4レンズなどはボディ内に手ぶれ補正機能を備えたカメラとの相性はすこぶる良い。ボディ内手ぶれ補正を生かしながら、優れた描写のレンズを使って気軽に高画質な写真が撮れるではないか。
 ところが、ペンタックス(Kマウント)もソニー(α/Aマウント)のレンズは、いまのところない。

 ペンタックスやソニー用のレンズをシグマがラインナップしないのは、技術的な問題でもオトナの問題でもない。げんに、フルサイズ判用には35mmF1.4 Artレンズ、APS-C判用には18~35mmF2.8 Artレンズなど、ごくごく一部のレンズに限るがペンタックス用もソニー用はある。ところが多くのシグマレンズは未対応。
 作らない理由は期待するほど売れない(儲からない)からだろう。ペンタックスやソニーのマウントのレンズを作ってる「ヒマ」があればニコン用やキヤノン用のレンズを作って売ったほうがずっと儲かるからだろう。

 でもねえ山木社長、あれこれの事情はわかりますけど、「たまには(でイイです)」ペンタックスKマウントやソニーα/Aマウントのレンズを、「ついでに(でイイです)」作って売ってくださいよ。こうなったら、期間限定でも数量限定でもいいですから。
 お願いしますよ。

 PENTAX K-1ユーザーのぼくとしては、その85mmF1.4や20mmF1.4や24mmF1.4のような、あの素晴らしい描写力のレンズをぼくのK-1と一緒に使ってみたいですよ。多くのK-1ユーザーもきっとそう考えてるはず(ペンタックスに、フルサイズ判用レンズをもっと、と頼んでも「ない袖は振れない」と言われるのが関の山……)。
 山木社長が「うん、やろう」とひと言いえばできることじゃないですか。山木社長にもシグマにも、いまそれくらいの「チカラ」はあるんですから。