スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコンのD500と、カシオのFR110Hの、ISO51200での動画

カシオ・EX-FR110H

 カシオの小さな小さなアウトドアスタイルのコンパクトカメラ・FR110Hは、最高感度がISO51200もあって暗いシーンでも気軽に動画の撮影ができる。他の一般的なコンパクトカメラでは到底写らないようなシーンでも「写る」。同じカシオのコンパクトのFR100やZR4000と撮り比べてみると、いかにFR110Hが暗いシーンでよく「写る」かがわかる。
 そんな話を続けた。
 本日もそのFR110Hについての話で、もう一回だけ…。

 一般的なコンパクトカメラと撮り比べてもFR110Hの「実力」はわかりにくい。世の中にはもっと高感度での画質のよいカメラや、もっと高ISO感度で撮影することができるAPS-Cサイズやフルサイズのセンサーを使ったカメラがたくさんある。それらと動画撮影をしてみて比べたら「さあ、どーなんだろうか?」と誰もが考えるだろう。
 ぼくだってFR110Hを使い始めたとき、すぐにそう考えた。

 そこで高感度画質に優れていることで評価の高いニコンのD500と、くだんのFR110Hとを撮り比べてみた。
 というのが本日の話。




 上の写真はFR110Hの静止画(190万画素)。オリジナル画像はこちら
 Exifによると撮影感度は"たったの"ISO4000だが、他のカメラの同程度のISO感度に比べるとややノイジー。強引にノイズリダクションをやっていないためか、そのぶん解像感はある。

 さて、繰り返しになるが、FR110Hのイメージセンサーは、ちっぽけな1/2.8型の約200万画素だが最高感度はISO51200まである。動画モードは30pのフルHD。レンズは内蔵でF2.8の画角20mm相当。
 いっぽうのニコン・D500のイメージセンサーはAPS-Cサイズで約2000万画素。最高感度はISO51200までだが拡張感度を選べばその5倍(H5)のISO1638400相当まで可能だ。動画モードはいろいろと選べるがFR110Hと同じ条件にするため30pのフルHDを選んだ。レンズも約20mm画角相当のF2.8レンズを使用した。

 これがFR110HとD500の動。YouTubeで。
 暗くて木々がたくさんある夜の公園で撮影をした。D500が上下ぶれしているのは手ぶれ補正がないからで、FR110Hは電子式手ぶれ補正あり。

 3シーンをつなぎ合わせて約40秒ほどの動画。始めのシーンがFR110HのISO51200、次がD500のISO51200、最後がD500のマニュアル露出モードでH2(ISO204800相当)にセットして撮影した動画。
 見てもらえばわかることなので、くどくどしいコメントは避けるが、① FR110Hはそれなりによくがんばってるがノイズがかなり目立つ、② さすがD500のISO51200だ、低ノイズだし解像描写力も充分にある、③ しかしISO20万ともなるとやっぱりノイジーになりコントラストもなくなるが、でももっと暗闇でも充分に写りそう。

 D500の動画撮影の場合、P/A/Sの自動露出モードを選ぶとISO感度は最高ISO51200までのオートISO固定でプリセットISO感度は選べない。これはFR110Hと同じである。ただしD500はMモードにすれば(オートISOは選べなくなるが)最高感度めいっぱい(ISOH5、ISO163800相当)の設定をして動画撮影が可能になる ━━ その画質についてはとても実用とはならないけど。

 つまりD500とFR110Hで同じように自動露出で動画撮影をしてみれば、こと「画質」については文句なしにD500のほうが良い。F値の明るい交換レンズを使えば、より暗いシーンを写すこともできる。
 いや、だからといって、「ほら、やっぱりD500のほうがダンゼンFR110Hよりも優れているじゃないか」と決めつけてはいけないと思う。
 D500+交換レンズの価格と大きさと重さ、それに対してFR110Hの価格と小ささと軽さと手軽さと防水防塵性能などを考えれば、いやいや、FR110Hにも大きな大きな魅力があるのではないか。

 どっちのカメラが優れているか、ではなくて、どんなシーンで、どのような目的で撮影するのかによってカメラやレンズを選ぶ、そんな自由な時代になってきていると思いますよ、いまは。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。