ちょっぴり気になる点もあるが描写性能はバツグンだ

タムロン・SP 70~200mmF2.8 Di VC USD G2+ニコン・D810

 同じタムロンの新型と旧型の70~200mmレンズのMTF図がここにある。それを見比べてみると、とくに70mm側での性能に歴然とした違いがでている。新型ズームでは周辺部まで高いコントラスト性能(解像性能)示しているのがわかるだろう。




 タムロンの春の新型3本レンズのうち、APS-C判広角ズーム「10~24mmF3.5~4.5 Di II VC HLD」については前回のブログで紹介。本日のブログでは定番ズーム「SP 70~200mmF2.8 Di VC USD G2」について。
 手ぶれ補正(VC)内蔵のフルサイズ判対応レンズで、ニコン用キヤノン用がある。

 4年ほど前に発売された「SP 70~200mmF2.8 Di VC USD」のモデルチェンジ(バージョンアップ版)である。レンズ名称の末尾に「G2」がくっついたのが新型。「G」がなんの略なのか不明だが、Generationの「G」ではないか。つまり「二代目」という意味なんだろう。
 レンズ構成は新型も旧型も同じ17群23枚だが、レンズ断面イラストを見比べると ━━ まるで"間違い探し"のようであるが ━━ ほんのわずか変更がされているだけ。

 タムロンの発表資料によると新型70~200mmは、旧型70~200mmからおもに以下の点が進化ポイントになるという。新型70~200mmの特長をじつにウマくまとめている。

 (1)光学性能の向上
 (2)AFの高速・高精度化
 (3)手ブレ補正機構の強化
 (4)最短撮影距離の短縮
 (5)テレコンバーターへの対応

 (1)の光学性能の向上については、開放F値で少し周辺光量の低下が見られるぐらいで、描写性能はまったく文句のない素晴らしいもの。ガリガリのハイコントラストな描写ではなく「上品なおとなの味」のする描写。解像描写力は充分にある。同じクラスのキヤノンやニコンのレンズと比べても描写性能でぜんぜんヒケをとることはない。
 ちなみにタムロン70~200mmの価格は大型量販店で15万5千円ぐらい。対してキヤノンは約25万円、ニコンは30万円である。こうして比べると、タムロン、相当に安い。

 では、描写の性能以外についてはどうかといえば、AFの測距精度で少し気になることがあった。
 AFスピードは不満のない速さなのだが、少し急いでAF測距操作をすると、ときどきピントをハズすことがある。ニコン用もキヤノン用も使ってみたが、同じクセがあった。個体差ではなさそうで、この傾向は新型10~24mmズームでも経験したことで、ちょっと気になることだった。タムロンレンズの「持病」かな。
 だがしかし、落ち着いてしっかりとAF測距すればほとんどモンダイはない。気にしすぎる必要もなかろう。ピタリとピントが合ったときの描写は「うおっ」と唸るほど優秀だ。

 ズームリングの回転操作感は、もうちょっと滑らかだったら申し分ないのだけど(わずかに擦れ感がある)。回転途中でわずかに重さ変化が感じられるのは、防塵防滴の構造になってるのでしょうがないのかなあ・・・。

 でも、こうした小さな(個人的な)気になる点は、描写性能の良さと、ほどほどの価格設定に免じて許してしまおう、という気分になってしまう。それほどの優れた描写性能を備えたズームレンズである。