★28~70mmと★80~200mmの2本のズーム

リコー・PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA★28~70mmF2.8 AL

 FA★28~70mmF2.8ズームは、なかなかの解像描写力があります。その替わり、といっちゃなんだけどぼけ味は良くないです。かなり二線ぼけになる。解像描写性能とぼけ味は相対するもので、どちらかを優先させれば片方が悪くなる。両立させるということは20年ほど前のレンズ光学技術では、まだどうしようもなかったようですね。




 ★28~70mmレンズのパワーズームした時の音が「ジーコ、ジーコ」とうるさい、と文句を言ったけど、補足の説明が足りなかった。

 ★28~70mmレンズには、おおまかに前期型と後期型があって、パワーズームの動作が前期型はギア駆動式だったが後期型ではベルト駆動式に変更になった。ジーコジーコとうるさいのはギア駆動の前期型のレンズで、ぼくが持っているのがそのうるさい前期型だったというわけ。発売されたと同時に手に入れたので。
 後期型になるとそれほどうるさくないはず(確認できないので、たぶん)。

 その証拠に、いま手元に同じパワーズームの★レンズ「smc PENTAX-FA★80~200mmF2.8 ED(IF)」のほうはベルト駆動式なので、じつに静かにズームする。ただしズーミングスピードはちょっと遅い(3段階スピード可変式)。
 ★28~70mmズームは重いレンズだ、それが難、と言ってたけど、なんのなんの、★80~200mmズームのほうはイヤになるほど重く感じるレンズだ。良く言えば<ぎっしり中身の詰まった>レンズという感じもしないでもないけど。
 K-1にセットすると、うーん、まるで鉄アレイを持ってるようだ。使ってるとだんだんと重さを感じる。レンズの重さは約1.5キログラム。

 ★80~200mmズームは重いわりに、なんてこった、写りはそれほど感心するほどでもない。まあ、ふつーより、ちょっと上かな。フィルムなら誤魔化されるだろうが、F5.6ぐらいまで絞らないとK-1で使ってると不満を感じる。★28~70mmの写りの良さに比べると、期待外れ、の感はいなめない。
 その点、最新型の「HD PENTAX-D FA★70~200mmF2.8ED DC AW」の描写は素晴らしい。重くて大きいズームレンズだがそれだけのことはある。当たり前か。
 こちら三脚座込みで約2キログラムもあるが、★80~200mm<鉄アレイ>ズームほど持ち重りがしない。同じKマウントのFAレンズだが、そりゃあ文句なしに新型★70~200mmを選んだほうがいいでしょう(当たり前のことだけど)。

 話は元に戻るが、ペンタックスのパワーズームレンズにはレンズ鏡筒に機能切り替えスイッチがあって、そのスイッチ切り替えとカメラボディ側の操作であれこれができる。
 たとえば、露光間ズーミング機能や、撮影距離が変化しても常に像倍率(被写体の大きさ)を一定に保つイメージサイズ機能(自動ズーミングするのかな・・・よく憶えていない)、そしてあらかじめ決めた焦点距離にワンタッチで戻るプリセット機能などが利用できる。
 ただしカメラがデジタルカメラになってからそうした機能は使えなくなり、電動パワーズームだけがいまのデジタル一眼レフカメラで使えるだけ(一部の機種は非対応だけど)。