D500にまったくヒケとらない上出来のD7500

ニコン・D7500 +タムロン・16~300mmF3.5~6.3 Di II VC

 D7500の前モデルであるD7200とD500と比べると、D7200の<安っぽさ>が気になるが ━━ 現ユーザーのかた、すまんです ━━ D7500についてはそうした印象はまったくない。D7500はほんと、良いカメラです。




 D7500はD7200の後継機種で6月に発売。APS-Cサイズ判(ニコンでいうところのDXフォーマット)のレンズ交換式一眼レフカメラ。
 D7200の発売は2015年3月だから約2年ぶりのモデルチェンジ。その約2年の間、昨年2016年4月に同じDXフォーマットのD500が発売されている。D500はDXカメラの<トップモデル>で、D7200もD7500もその<下>のクラスのカメラになる。

 こんなことをくどくど説明してもしょうがないですね、皆さんのほうがよくご存じのこと。

 ところで、大型量販店でのそれぞれ実販価格は、D7500が約16万円、D500が約24万円。
 ざっと8万円の差。
 この「8万円」の差が両方のカメラを同時に使ってみて<実感>したかというと、まったくもって個人的印象だが、8万円の差はほとんど感じなかった。D7500、良くできたカメラじゃないか、とあらためた感じ入った次第。

 そりゃあ、D500とD7500のスペックを互いに見比べれば、とくに数値的にはD500のほうが勝ってはいるが「使ってみた印象」ではほぼ互角だった。
 スペック比較をしてD7500よりもD500の優位な点は、連写コマ速度(10コマ対8コマ)、AF測距点数(135点/クロス99点対51点/クロス15点)、ファインダー倍率(1.0倍対0.94倍)、最大撮影コマ数(1240コマ対950コマ)といったところ。

 AF測距点数の違いは、ぼくはぜんぜん気にならなかった。同じシーンを2台のカメラで撮り比べたわけじゃないので正確な印象ではないかもしれない。でも、D7500でいろんなシーンを撮影していて「うーん」と不満に感じることはまったくなかった。
 スペック数値では、AF測距可能範囲はD500が「-4~20EV」、D7500が「-3~19EV」という違いがあって、ここはちょっと気になるけど。

 D500はバッテリーパック・MB-D17が用意されていてそれが使える。D7500にはそうしたものはない。しかしD7500にはストロボが内蔵されている。
 ストロボなんぞはイラん、バッテリーパックはぜひ必要、と考えてる人は迷わずD500を選んだほうがよろしいでしょう。ぼくはバッテリパック必要なしストロボは必要、だからD7500のほうに魅力を感じてしまいます。

 もう1回だけ、D500とD7500を比べて使ってみた印象と言い足りなかったことを次回に。