「出し惜しみ」がめっきり少なくなった最近のキヤノン

キヤノン・EOS 6D Mk2 + EF24~70mmF2.8L II USM

 少し前のことになるが、キヤノンのカメラは新型にモデルチェンジしても機能を「出し惜しみ」すると言われていた。その新型カメラには"敢えて"新しい機能や機構を搭載せずに、次に発売する(予定の)新型カメラやすぐ次に出てくる上位機種のために温存しておく、というもの。「買替え需要」を狙ったもんだ、と非難する人もいた。
 実際はその通りかどうかはわからないが、結果的にそう言われてもしょうがないかな、と思えるフシも過去にはなくもなかった。

 ところが、最近のキヤノンのカメラには、そうした「出し惜しみ」のような気配はほとんど感じられない。新型にモデルチェンジされるごとに「全力投球」して新しい機能などを搭載しているようだ。




 いまは、以前のように「出せば売れる」という、カメラメーカーにとってラクチンな時代ではない。新製品に搭載可能な機能や機構は積極的に採用して、少しでも魅力のあるカメラに仕上げないと売れない。耐久性は別にして撮影機能だけをおおざっぱに比べれば上位機種とほとんど変わらない、そんな新型の下位機種も多くなった。キヤノンに限らずどのカメラメーカーもそうだ。

 そう、以前の"キヤノンらしくない"全力投球型の一眼レフカメラが、EOS 6D Mk2のような気がしてならない。

 もうひとつ、キヤノンの「上から目線」の撮影機能が、近頃だんだんと少なくなってきたことも注目した。由らしむべし知らしめるべからず、キヤノンの言う通りについてきなさい、そうすれば幸せになれますよ、という雰囲気があった。
 ところが、ここ1~2年のキヤノンのカメラを見ていると、ユーザーの要望にきめ細かく応えるようになってきたようだ。フレンドリーなカメラを作るようになった。

 たとえば、キヤノンが長年、ガンコに我を通し続けてきた「シャッター半押しでAEロックが同時にONになって、それが解除できない」という撮影機能が、この6D Mk2で初めてON/OFFをユーザーが選択できるようになった。
 キヤノン以外のメーカーの多くの機種は初期設定では、シャッター半押しでAEロックされない。カスタム設定でON/OFFが選べる。

 AFフレーム1点でピント合わせするとき、AF測距すると同時に強制的にAEも固定されてしまう。フレーミングしてシーンの明暗差が大きく変更されても、AFロックしたままだとピントを合わせたときの露出固定のまま撮影せざるを得ない。せっかくのキヤノンの評価測光も意味も価値もない。
 このことがキヤノンのカメラの大きな難点だった(と、ぼくは長年、そう考えていたし、キヤノンには何度も改善をお願いし続けてきた)。
 それが6D Mk2で"大改善"されたというわけだ。

 キヤノンらしい「頑固さ」は守りつつ ━━ それがなくなっちゃキヤノンのアイデンティティがなくなるじゃないか ━━ 少しづつ進む方向を変えて、従来の小さな難点があちこちで改善されている。新しい機能も積極的に新型カメラに搭載していこう、というキヤノンの姿勢が見えてくる。6D Mk2をしばらく使ってみてそんなことを感じました。