渦巻き模様のぼけ

タムロン・SP24~70mmF2.8 Di VC USD G2 + ニコン・D810

 タムロンの新型24~70mmF2.8が発売されたのとほぼ同じ時期にシグマからも新型24~70mmF2.8の発売が始まった。タムロンはニコン用とキヤノン用が、シグマのほうはニコン用とキヤノン用に加えてシグマ用があり、タムロン/シグマのレンズともに手ぶれ補正機構を内蔵している。

 量販店の実販価格だが、タムロンが約12万7千円、シグマが約15万5千円、対してニコンの24~70mm(手ぶれ補正あり)が約27万9千円、キヤノンの24~70mm(手ぶれ補正なし)は約21万6千円。

 タムロンの12万7千円はニコン/キヤノンの価格と比べるとだいぶ安い。そこそこのレンズがもう1本買えるぐらいの値段差だが、こと描写性能についてはほとんど差はない、と言い切ってもよいほど。お買い得感いっぱいのレンズではないだろうか。




 タムロン24~70mmレンズは、とにかく逆光に強い。広角側も望遠側も、かなりイジ悪な逆光条件を選んで撮影してもフレアもゴーストもほとんど目立たない。

 描写性能については、70mm望遠側よりも24mm広角側のほうがよく写る。広角側は開放F2.8でもガシガシと使える。それに比べると、望遠側は開放F2.8では切れ味、シャープさに少しもの足りなさがあった。遠距離シーンではそこそこの描写性能を確保しているのだが近距離になると描写が低下する感じだ。一段絞ってF4にすればだいぶ良くなる。

 タムロン24~70mmズームを使ってひとつ気になったことは、点光源の丸ぼけに渦巻き状の縞模様が出ることだった。輪帯(輪体)ぼけ、輪線ぼけ、渦巻きぼけ、などと言うが、おもな原因は(おそらく)非球面レンズを作るための金型表面の「削りムラ」によるもの。
 この渦巻き状のムラは以前からタムロンのレンズによく見られた現象で、「なんとかしてくださいよ」と言い続けてきたが、今回の新型レンズでも改善されてない。
 タムロンの「持病」みなたいなもんですね。なお、他社のレンズでは、最近ではこうした現象はほとんど見ることはなくなった。

 タムロンのレンズのピントリング、ズームリングの回転方向はニコンレンズと同じで、キヤノンレンズとは正反対。レンズ鏡筒を上から見て、ピントリングを右に回すと近距離側にフォーカスする。ズームリングは右回転で広角側に、左回転が望遠側にズームする。

 ちなみに、シグマの場合はピントリングもズームリングもキヤノンレンズと同じでニコンレンズと真逆になる。もしニコンユーザーやキヤノンユーザーが、こうした操作性を同じにしたいという人は参考にするといいだろう。ソンなこと気にしないぞ、という人もいるだろうから、どうぞご自由に(ぼくはあまり気にしないグループのほうですけど)。

 ムカシはタムロンもシグマも、対応カメラメーカーに合わせてレンズ内に逆回転装置を組み込んで同じ回転操作になるようにしていたのだけど、コストや耐久性を考慮してやめてしまった。いまのレンズの中は複雑になって、ムカシのような「親切」なんてやってられないんでしょう。