スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENTAXの新型★50mmF1.4レンズ ━━ その2

リコー・HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW + PENTAX K-1 Limited Silve

 レンズ後部(マウント部)を覗きながらピントリングを回すとレンズ後群が前後移動する。1~2枚の少ないレンズを群にしてそれを移動させるインナーフォーカス式やリアフォーカス式ではなく、レンズ構成枚数の多いレンズ群を"チカラづく"で移動させているように見える。
 レンズの開発メンバーにそれとなく聞いてみたら、「詳しくはまだ話ができませんが、光学系のバランスを崩さないようなオーソドックスなフォーカシングシステムを採用しています」とのことだった。

 ということは ━━ 以下はぼくの想像だが ━━ 後群フォーカス方式を採用しているのだろう。
 多くのレンズを一群にまとめた固定群をそのまま前後に移動させてピント合わせをする方法で、この後群フォーカス方式のメリットは、近距離時に目立ちやすくなる収差や、ピント位置による画角変化(ブリージング)を少なくすることが比較的容易にできる。前群/全群フォーカス方式と違ってピント合わせでレンズ全長に変化がおこらない利点もある。




 逆にデメリットとしてはフォーカスレンズ群が大きく重くなってスピーディーなAF測距がしにくくなる。だから小型軽量なフォーカスレンズ群のインナーフォーカス式やリアフォーカス式では非力なモーターでも高速AFが可能(一般的に、だけど)。
 しかし★50mmレンズのように重いフォーカス後群を高速に前後してAFをおこなうにはパワー(トルク力)のある駆動モーターが必要となる。MFレンズならそんな心配はまったく無用。

 ★50mmF1.4レンズに採用のAF駆動用モーターは、レンズ名にも記されているようにSDM(Supersonic Direct-drive Motor)である。発表資料によると「高速で静粛性に優れたAFを実現する新開発のリング型SDM(超音波モーター)を搭載 」とのこと。
 リコーが新規に開発した円弧型の超音波モーターで、くだんの開発メンバーによると「パワーを重視して新しく設計、開発したSDM」なんだそうだ。

 PENTAXレンズでリングタイプのSDMというと、すでにD FA15~30mmF2.8やD FA24~70mmF2.8に使用されている。じゃあ、そのリング型SDMとこの新型★50mmのSDMとドコが違うのかと疑問を持つ"厄介な人"も出てくるだろうが、そこは、ほら、これ以上は突っこまないのがジェントルマンというもの。
 「パワーを重視して新開発したリング型SDM」ということで納得して良いのではないか。はっきりと言えることは既存のリング型SDMと、こんどのSDMとはまったく「別もの」だ。

 OVFを覗きながら位相差AFしてもライブビューでの像面AFをしても、無音でそこそこスピーディーにピントが合う。他社の最新型カメラとレンズの組み合わせに比べて「同等」とはいかないものの、ストレスをほとんど感じない測距スピードだった。
 ベータ版のレンズなのでAFスピードも精度についはまだまま未定。AF制御のアルゴリズムなどはこれから本格的に調整されていくのだろう。なおMFモードでのピントリングの操作感は良い。重からず軽からずで、滑らかで確実な感触だった。

 光学ファインダーを覗いての位相差AF撮影は、とくにこの50mmレンズのようにF1.4大口径ともなれば中央1点フレームでピント合わせするのがおすすめ。
 ただし50mmクラスの画角の大口径レンズだとコサイン誤差の現象が目立ってくるのでそのへんの使いこなしは難しくなる(85mmクラスになるとだいぶ使いやすくなるのだけど)。
 だからといって端っこの周辺AFフレームを選択してピント合わせするのは(ぼくからは)あまりすすめられない ━━ 機種によって異なるので一概に言えないけど、こういっちゃナンだけどPENTAXのカメラでは、撮影に工夫しながら中央1点AF撮影することがおすすめですね。



 こうして手にしてみても確かに50mmF1.4レンズとしてはやや大きめ。そのうえ、ずしっと重い。けれど、きっちりとピントを合わせて撮ってみれば、これがほんと良く写る。「少しぐらい大きくても重くても、ま、イイか」と思ってしまう、そんなレンズ。
 つづく・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。