K-1アップグレードサービス ━━ その2

リコー・PENTAX K-1 Mark II + HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW

 今日はK-1アップグレードサービスのメリットとデメリットなどについて。

 まず、K-1をアップグレードする最大の(唯一の、かな)メリットはといえば、54000円(税込み)の"安い費用"でいままで使い慣れた自分のカメラの撮影機能がアップして最新型カメラ(K-1 Mark II)相当になることである。

 費用の54000円については「高い」と不満を言う人もいるかもしれぬが、基板交換をする手間や材料費、そして同時に各種の調整、清掃もしてくれることを考えれば ━━ メーカーが責任をもって作業をして保証もつく ━━ 決して高い料金ではない。このサービス料でリコーが儲けようとしてないことは少し考えればわかる。




 いま使っているK-1の性能に画質にも満足している。手持ちリアレゾにも高感度の画質にも興味がない。たったそれだけのために54000円も支払う気はない、と考えるならばアップグレードサービスを受けず、そのままK-1を使い続けていればいいだけだ。

 「K-1に対してのファームウエアのアップデートなどは可能な限り対応する予定、継続してフォローはしていきたい」とリコーは言っていた。
 新型カメラが発売されてカメラが旧型となっても(K-1のことだ)、当分の期間はファームウエアのアップデートなどのサービスもしてくれるようだ。

 K-1をアップグレードすれば、今後、そっくりK-1 Mark II対応の最新のファームウエアを受けることができる。K-1 Mark II用にどんなファームアップが予定されているのか不明だが、残念ながら非アップグレードK-1にそれを期待することはできないだろう。

 いっぽう、アップグレードサービスをすることのデメリットとして考えられることはいくつかある。
 そのひとつは、サービスを受けるには(当たり前のことだが)K-1を一定期間手元からなくなってしまうことだ。アップグレードサービスの作業完了まで「カメラを預かってから1週間から10日を目安に」とリコーは言っているが混雑状況によっては、完了して手元に戻ってくるまでにはもっと日数かかかることもあるだろう。その期間、K-1が使えなくなる。

 もし不具合があって修理が必要と判断されたK-1なら ━━ 不具合が修正されるまでアップグレードの作業は受け付けてくれない ━━ 同時に修理することを確約しなければならず、そうなるとさらに不在日数は長くなる(むろん修理代金も加算される)。
 アップグレードを依頼する前に、混雑具合や仕上がり予定日数などを確認しておくことも大事だろう。

 あとは小さなデメリットだが、K-1 Mark II相当のカメラになることで、撮影可能枚数が減ることや連写時のコマ速度も遅くなる(といっても、ごくごくわずかだけど ⇒ 撮影枚数は760枚 → 670枚となり90枚も減るのか)。
 K-1で撮影したRAWファイルをK-1アップグレードモデルを使ってカメラ内RAW現像をすることはできなくなる。機種が変わってしまうためで、現K-1のRAWが新K-1 Mark IIで現像できなくなるのと同じ。RAWの現像はPCのアプリソフトを使用することになる。

 ぼくのように常時カメラ内RAW現像をするものにとってはこれはイタイだろう。PENTAXのカメラの場合、カメラ内RAW現像でしか処理できないこともいくつかあるからだ(PENTAXPENTAX Digital Camera Utilityのデキがもう少し良ければいいのだけど・・・ぶつぶつ)。

 アップグレードしたK-1は、シリアル番号はそのまま受け継ぐものの厳密に言うとMark IIでもなければK-1でもなくなる。メーカー保証はあるが「K-1改造品」となってしまう。
 アップグレードサービスは「修理扱い」として処理されるが、従来と異なる基板と交換して中身は別カメラになるわけだ。もし保険に入っていたりすれば、その「K-1改造品」は以降、どんな扱いになるのか不安ではある。

 以上、デメリットのあれこれを「覚悟」したうえでアップグレードサービスをお受けになられるといいだろう。・・・ぼくは2台あるうちの1台は迷わずアップグレードしてもらいますけど、1台しかなかったらちょっと迷うかもなあ。

2018.04.14 | | -

«  | HOME |  »

プロフィール

thisistanaka

thisistanaka

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -