スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AF/MFの2本用意しました、どちらでもお好きなほうを

トキナー・FiRIN 20mmF2 FE AF + ソニー・α7 III

 前回のブログでAF FiRIN20mmも、MF FiRIN20mmも同じレンズ構成だ、ということを述べた。その証拠が以下のレンズ構成図とMTF曲線図。
 よーく見比べてもらいたい。左がMF 20mm、右がAF 20mm(・・・いや逆だったかなあ)。

 レンズ後端(向かって右側)から5、6枚めの群がAFフォーカスレンズ群で、AFレンズでもMFレンズでもそれが前後に移動させてピント合わせをおこなう。インナーフォーカス。
 当初はAFレンズを作ることを予定してレンズの設計をしたのだろうが、やむにやまれぬ事情で(ナンなのか不明だけど)、光学設計などはそのままにしてMFレンズに仕様変更したのだろう。
 ま、イイか、そんな詮索してもしようがないですよね。




 MFのFiRIN 20mmは、絞りリングのほかフォーカスグリングには距離目盛り、鏡枠には被写界深度目盛りもある。いっぽう、AF FiRIN 20mmのほうはシンプルそのもので幅広のフォーカスリングがあるだけ。絞りリングもなく絞り値はカメラ側から設定する。AFレンズのアクチュエーターはリング型超音波モーターを内蔵させている。

 レンズの直径はどちらも同じ81.5mmだが、全長はMFが69mm、AFのほうは73.5mmと少し長い。レンズの重さはMFが490g、AFは460gである。AFにはモーターが内蔵されているがMFよりも軽い。MFのほうが重いのは、フォーカス機構や絞り連動機構のメカ部品のせいではなかろうか。
 外観を見ればMFレンズのほうが"アナログっぽく"てコストもかかっているような、そんな気もしないでもない。しかし実販価格は約2万5千円ほどMFレンズのほうが安い。

 フィルター径も同じ。ところが(これも、じつに不思議なのだが)同梱されているレンズフードのデザインが違う。MF20mmのほうは角形フード、ところがAF20mmでは花形フードになった。
 下の写真がそうだ。左がMF20mm用、右がAF20mm用。なぜ、こんなめんどうなことしたんだろう。




 AFは便利、しかしAFにこだわらないぞ。じっくりと自分の手と眼を使って写真を撮りたい。絞りリングを操作して(デジタル表示の数値ではなく)ダイレクトにアナログ絞り数値を確かめて、ピントリングを指先でクルクル廻しながら"正々堂々"とピント合わせをして撮影したい。そんなふうに考えている人はMF FiRIN20mmを選べばよい。
 動画撮影を中心にする人もMFレンズがおすすめかも。絞りリングはクリックを解除する機能が備わっているので無用な音をさせずに動画撮影ができる。加えて安い。たぶんAFレンズと同じく素晴らしい描写性能であることは間違いないだろう。




 こんなふうに、AF・MFどちらでも自分の撮影スタイルに合わせて、お好きなほうをどうぞ、という希有なレンズがこのトキナーのFiRIN 20mmF2レンズなのだ。
 キヤノンとニコンのフルサイズ判ミラーレスカメラが出てくれば、AF情報を探る必要もないので、シグマやタムロンよりもいち早くMF FiRIN 20mmが発売されるような、そんな気もしないでもない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。