もうごまかされないぞ

カシオ・EXILIM EX-V7
 屈曲型ズームレンズの手ブレ補正はレンズシフト方式のほかには、かってコニカミノルタのDiMAGE X1のレンズユニットスイング式がありましたね。その手ブレ補正の方式はかなりの“チカラわざ”でして、そのアイディアと技術力には大いに注目し感心させらたのだけど、X1のカメラそのもののデキがあまりにもナンだったので、あっというまに世の中から姿を消してしまいました。コニカミノルタのカメラ事業撤退を思うときいつもこのDiMAGE X1のことを考えてしまう。で、このX1の手ブレ補正は、カメラボディ内に組み込んだ屈曲型ズームレンズのレンズ群ユニットとCCDを固定したままスイングさせる、というものでありました。このときの話では、カメラボディを薄型にするにはこのほうほうがもっともスペースをとらないということでした。


 ところが数年後には、なにごともなかったかのようにソニーからレンズシフト方式を採用した屈曲型ズームレンズ内蔵の薄型ボディのカメラが出てきました。で、今度はCCDシフト方式のカシオの、このV7であります。そして7倍のズーム比の屈曲型レンズです。屈曲型ズームは3倍以上はきわめて難しい、といわれていたのですが、これもあっさりとクリアですね。というわけで、デジタルカメラの世界は不可能はない、ということがだんだんとわかってきました。そんなこと無理だよできっこないよ絶対だめだ、なんていわれていたことが、ほかにもたくさんあります。ぼくはもう技術者たちのそんなごまかしは信じません。レンズだって撮像素子だって、これから凄いのが(すぐに、というわけではないが)いくつも出てきますよ、るんるん、知ってますけどもちろん言えません。

 あ、そうそう、このV7だけど、メインスイッチをかねたスライドバリア、ベータ版のカメラだからかもしれないが、動きが悪い。こうしたスライドバリア式じゃないほうがボディをもっと薄型に(そしてもっとカッコ良く)できたんじゃないのかなあ…。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL