光の有効活用

富士フイルム・FinePix F30
 F30に使われている1/1.7型のスーパーCCDハニカムは「第六世代」である。F10/F11も同じ1/1.7型スーパーCCDハニカムではあるがこちらは「第五世代」で、つまりF30のCCDは新しいタイプのものになったわけである。それに加えて画像処理エンジンも「リアルフォトエンジンII」と、こちらも新しくなった。
 というわけで、これにより最高ISO感度がF10/F11がISO1600までだったのをF30ではISO3200にまでアップさせた。F30のセールスポイントのひとつが、この高ISO感度である。で、そのISO3200の画質はどうなんだといえば、カシオのEX-Z1000の“なんちゃって高感度”とはだいぶ違う。Z1000のISO3200の場合は、ま、はんぶん冗談みたいなもんだからそれはそれでイイとして、このF30のISO3200はかなりの“真っ向勝負高感度”なのだ。ナニに対して“勝負”かといえば、メカ式手ブレ補正に対してだ。


 ところで、そのISO3200の画像が使いものになるのかということについては、人それぞれ。ぼくはイイんではないかなと思う。少なくとも (たびたびの比較ですまんけれど) Z1000のISO3200よりは“数倍”イイと思う。F30を使って感心したことは、ISO3200よりもISO1600の画質の良さのほうだった。F11に比べると解像感もアップしハイライト部の描出も良くなってる。
 F30の高感度化のためにはいくつかの技術的な改良があった。たとえば感度をアップさせるために光を有効活用できるようにCCDの微細化技術、レイアウトの最適化、そしてノイズを少なくするためにアンプの改良や熱雑音の低減化などを徹底的におこなったそうだ (少し、フジからの受け売り…)。ところで「光の有効活用」なんだけど、レンズから入ってくる光のうち、いまのところデジタルカメラは40?50%ぐらいしか有効に活用していないらしいのだけど、これがたとえば10%アップするだけで約0.3EVほど感度が上げられるということ (現在のCCDの性能や処理アルゴリズムはそのままとして)。ことほど左様に、今後いかに資源を無駄遣いしないかちゅうのが全地球的な課題であるわけだ、と本日は大きくでてしまった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL