北海道大学理学部総合博物館

ペンタックス・Optio T30
 T30はタッチパネル式のカメラでありまして、ペンタックスとしては初代のT10、二代目のT20、そしてこのT30で三代目となる。初代T10からペンタックスのコンパクトデジタルカメラの中では、ぼくとしてはもっとも“注目”をしている機種でもありました。じつに個性的でのしいカメラだと思う。良くできたカメラです。写りも良いです。
 タッチパネル式のカメラとしては現行機種では、このT30のほか、ソニーのT50とN2があるぐらいではないだろうか。その他のメーカーはタッチパネル式をなぜか嫌って製品化しようとしない。で、ペンタックスのそれとソニーのそれとを比べてみると、タッチパネルの操作性やUIや機能の愉しさや豊富さ、カメラとしての完成度など、あらゆる点で“もんくなし”にペンタックスのT30が優れています。タッチパネル式のカメラ、という条件で、もしカメラを選ぶとすれば、もう、迷うことなくペンタックスのT30がよろしい。さらにもう少し言わせていただければ、各カメラメーカーの企画担当者は ―― タッチパネル式のカメラに興味がなくても ―― ぜひ、このT30を使ってみて研究してみる価値があると思う。きっと、今後のカメラづくりのナニかいいヒントが得られるはずです。


 T30の液晶モニターは3.0インチ型の大型で、そのモニター画面に指先(またはペンなどで)つんつんと軽く触れたり押したりしてさまざまな設定や選択をおこなったり、あるいは、撮影した画像に絵や文字を描き込んだりできる。写真を撮るだけでなく、メモ用紙の代用としてこのT30が使える機能を備えていることもおもしろい。メインスイッチをONにする。液晶画面を、どこでもよろしい、ぽんっとタッチする。と、簡易的なメニュー画面があらわれる。その中の「メモパッド」をタッチすると、沈胴式レンズが自動的に引っ込んで、真っ白なメモ画面があらわれる。ここにペンのようなもので(指の先っぽでもよろしい)文字でも絵でも描き込めば、それがVGAサイズ“メモ”画像として保存される、というわけだ。
 そうしたタッチパネルに対応した液晶モニターなのでしかたないことなのだが、明るい戸外などで多少、視認性に不満がなきにしもあらずだ。しかし、タッチパネル操作の便利さや愉しさのことを思えば (ぼくとしては) 十分に我慢の範囲内にはいるからぜーんぜん気にならない。

 というわけで、これから函館に向かってドライブ散歩。札幌は朝から快晴。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

PENTAX Optio T30 のレビュー・記事リンク集:製品レビュー追加

ペンタックスのOptioT30の製品レビューや記事などをとりまとめています。