がんばれペンタックス

ペンタックス・Optio E30
 このE30はペンタックスのコンパクトデジタルカメラの中ではもっとも低価格の機種であります。店によっては1万5千円を下回るところもあるようだ。でも、710万画素で36?108mm相当のズームレンズを内蔵させ液晶モニターは2.4インチ型でAFは3点マルチだし露出補正もできるしISO感度もホワイトバランスも選ぶことができるし15種類のシーンモードを備え動画も撮れるシャッタースピードは1/2000秒から最長4秒まで連動して単3型乾電池2本でアルカリ電池でもストロボを使ったりしながらも約200枚ほど撮影可能だそうでリチューム電池ならなんと750枚近くも撮れるらしい。その描写性能はといえば ―― とかなんとか、大上段に構えてうんぬんすべき機種ではないのだけれど ―― 低ISO感度で撮影しているぶんにはこのE30の数倍の価格の機種と比べてもまったく遜色がない。重箱の隅をつついて強いて不満を言えばレスポンスがちょっと悪いこととシャッターボタンが押しづらかったこと液晶モニターの(大きさは充分なんだけど)視認性がプアーだったぐらい。


 でも、この価格でこの写り具合と撮影機能なら文句なんぞ言えないと思う。どこぞの、同じような他社のエントリー機種には、ISO感度は選べないメインスイッチをON/OFFするだけでストロボ設定を忘れてしまう、といったモノに比べればこちらE30のほうがずーっと魅力的だと思う。
 ところでペンタックスの現行機種には1000万画素のA30、水中撮影も可能なW30、タッチパネル式のT30、薄型ボディのM30、低価格実力派のE30の5つのシリーズがあって ―― ぼくとしてはイチオシは文句なしにT30だけど ―― これらの機種の中には他社のチカラを借りて製造している機種もあるけれどそれはなにもペンタックスに限ったことじゃない。ただ一つ、ペンタックスのコンパクトデジタルカメラに注文を言うとすれば(といった要望を出すのさえ、なんだかはばかられるいまのペンタックスの状況なんだけど)レンズにもう少し「チカラ」を入れてくれよということ。一眼レフ用のレンズはいいものを次々と出しているのに、その何分の一でもいいからコンパクトにも振り分けて欲しい。
 ペンタックスを取り巻く状況のことを考えるあれこれ心配はありますけれど、とにかく、がんばってくださいね、どんなことになろうとずっと応援をしますからね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

PENTAX Optio E30 のレビュー・記事リンク集:製品レビュー追加

ペンタックスのOptioE30の製品レビューや記事などをとりまとめています。

ペンタックスどうなるの?

PENTAXとHOYAの経営統合問題は揺れに揺れて、、、、これからどうなるの?