i-フラッシュ

富士フイルム・FinePix F30
 F30にはセールスポイントがふたつあって、そのひとつがISO3200までの高感度。もうひとつが「i-フラッシュ」である。i-フラッシュとはインテリジェントなフラッシュの意味。詳しいメカニズムはわからないけれど、要するに、主要被写体も背景も自然に見たままにキレイに写す、というものらしい。ムカシ、フジのフィルムコンパクトカメラに、似たようなセールストークをしていたフラッシュ機能として、DP (デジタルプログラミング) 方式なんてのがあったけれど、それをブラッシュアップしたものなのかな (そんなカンタンなものじゃないだろうけれど)。


 もともとぼくは内蔵フラッシュのストレート発光撮影は、とくにコンパクトデジタルカメラでは普段あまりやらない。だから、こうした機能の有り難みをあまり感じないのだが、それでも「ほほーっ」と感心することもあった。奥行きのあるシーンで手前の被写体がオーバー露出になって白くトンでしまうてなことがほとんどなかった。ただ、液晶モニターでレックビュー画面を見ると「なーんだ、シロとびしてるじゃないか」とがっかりする。でも、それをPCのディスプレイで見るときちとディテールが出ているのだ。だから液晶モニターを見ただけで「こりゃあアカン」と早合点しないこと。このi-フラッシュの効果を最大限に発揮させるには、オートISOモード、スローシンクロモードを選んで撮影するのがおすすめのようだ。

 いくつかご質問のようなものがありましたので、カンタンですがお答えしておきました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL