三条大橋

リコー・Caplio R6
 このカメラはぼくはお気に入りの一つ。なんとなく好きなんですよ。R5ではちょっとズーミングの操作性などが悪くてがっかりしてたのだけど、R6になって“ぐんっ”と良くなった。外観のデザインも、操作性もいい。むろん、相変わらずメインスイッチをONにしたとたん騒々しい音がしてレンズが繰り出してくる、ズーミングをするたびに情けない音がする、メインスイッチをOFFにするとやけっぱちのような唸り音がする。でも、もう慣れちゃった。相当、荒っぽくカメラを扱っているけれど ―― とはいえ、どうしたらカメラが壊れるかは、そりゃあ長年、カメラやレンズを使ってきたからそのへんのツボは心得ているので無意識のうちに壊れないようにしてる(ようだ) ―― バリバリ元気だ。
 ただ、一つ気になったことは、これはぼくが使っているR6だけの“クセ”のようなもんかもしれないが、手ブレ補正の効き具合がちょいと不安定なこと。急いでカメラを構えてシャッターを切ったカット、つまりファーストカットがブレていることが多い。同じシーンをもうワンカット続けて撮影したセカンドカットは(まったく同じシャッタースピードなんだが)ピタリとブレが補正されている。そんなことが何度かあった。持病じゃなければイイのだけど…。リコーの手ブレ補正の開発担当者の人、もし心当たりがあれば、こうした現象があったよと報告しておくからね、次の機種ではきちんと改善してくださいね。


 新しいカメラを使うときに、ぼくは、メニューで必ず設定し直す、あるいは確認しておく撮影機能がある。AFの測距エリアを「スポットAF」にすることだ。真ん中央の1点に固定してしまう。コンパクトカメラでも一眼レフカメラでも必ずこの設定にする。豪華絢爛で高性能な多点AFの機能が搭載されていても中央1点にしてしまう。フィルムカメラの時からそうだった。理由は、より正確にピントを合わせて撮影をしたからだ。とくにデジタルカメラの場合、高画素になるにしたがって画像サイズも大きくなる。鑑賞する写真が大きくなるほどピントが重要になってくる。自分が意図しないごくわずかなピントのズレが気になってしょうがない。
 ピント合わせの撮影技法や機能について話をするとキリがないので適当にするけれど、その一つは、多点測距エリアを利用したワイドAFは、基本的には近距離優先AFであること。これは知っておいて欲しい。そのワイドAFエリア内に前後する被写体があればカメラは勝手に手前側の被写体にピントを合わせてしまう(最近の一眼の高級機種のAFはもう少しインテリジェントになっているけれど)。広角レンズで撮影したり鑑賞する写真サイズが小さければ、ほとんど気にすることはないぐらいのピントのズレであっても、ぼくはイヤですねえ。だからスポットAFにして、ここっ、という部分に測距枠を重ね合わせ、シャッターボタンを半押ししてピントのあったことを確認してから(いつも)、シャッターボタンを押し込むようにしております。ちなみに、イッキ押し撮影はゼッタイにやりません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL