「高画素=高画質」

ソニー・Cyber-Shot W200
 1210万画素の1/1.7型CCDを搭載した3倍ズームレンズ内蔵コンパクトデジタルカメラだ。ほぼ同時期に、カシオからも1210万画素のEX-Z1200が発表になったし、パナソニックからも1220万画素のLUMIX FX100も発表になった。これに加えて、秋のモデルとしてこの他のメーカーからもまだいくつか出てくるんでしょう。
 でもしかし、また「1200万画素」と聞いただけで、いつものように強い拒否反応を示す人が多いんだろうなあ…。400万画素から500万画素、500万画素から600万画素、…中略…、800万画素から1000万画素になったときもそうだった。いつもワンパターンの嫌悪拒否反応。そんなのはもうイイですから、ま、そう毛嫌いせずに。ハナから、だめだキライだと思い込まないで、いまいちどその画像をじっくりと見てみたらどうでしょうか。
 先入観なしに冷静に見てみることです。画像をろくに見もしないで、だめだよ1210万画素なんて、てのはイカンですね。


 さて、このソニーのW200の1210万画素の画像を見るときは、いままでの高画素画像に対する“観念的”な考え方をちょいと横に置いておくことをすすめます。「コンパクトカメラに1210万画素の画像なんか不必要だッ」、とか、「Lサイズぐらいにしかプリントしないカメラに1210万画素もの画像がどうして必要あるんだッ」、なんて“道徳的”議論や“独善的”意見も、ここはひとまず横に置いておいて素直に見てみてほしい。
 画質の良さに、たぶん、びっくりすることでしょう。
 コンパクトデジタルカメラの画質はここまで進んだのかと驚くはずです。もうこうなってくると、そろそろ、コンパクトカメラの使われかたの概念を変えなくちゃいけません。高画素カメラが不得意だとされてきた、高ISO感度の画質の良さに目を見張るはずです。400万画素よりも500万画素、500万画素よりも600万画素、…中略…、1000万画素よりも1200万画素と“画質”は良くなっています。とりあえずは、「高画素=高画質」と言い切ってもいいでしょうね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

美しく、そして、重い

プロカメラマン田中希美男さんのブログより、「高画素=高画質」というエントリ。 高画素化による問題点やった画質の低...