高解像力は七難隠す

ソニー・Cyber-Shot W200
 ソニー1210万画素の、このCCDは従来のCCDと大きく「なにか」が変わったようです。 CCDそのものが、どんっ、と良くなった印象を受けます。むろん、技術的な“変更点”や“改良点”についてはぼくはその詳細を知らない。でも、ちょっとした眼力があれば、同じソニー製の800万画素や1000万画素のCCDを使ったカメラと撮り比べてみるとCCDが良くなっていることがわかるはず。(ところが、同じCCDを使っているはずのカシオ・EX-Z1200の画質はこのW200とは微妙に異なっていて、もう一つ、ぴりっ、としないのだ…この話はまたいずれ)
 良くなったことのひとつは解像感。ま、800万画素も1000万画素も1210万画素も、大雑把に言えば“差”はそれほどないけれど、しかしこのW200の1210万画素の高解像度がもたらす描写は違います(レンズの描写性能ぬんぬんについては、いまは保留)。その画像を見ると、はやり「高解像力は七難隠す」とのぼくの“主張”が実証された感じでもあります。


 もうひとつは、従来のCCDに比べて、今度の1210万画素CCDはとくに高感度でのノイズが、めちゃくちゃ少なくなっていることだ。ピクセルサイズが絶対的に小さいのに、これよりも大きいサイズのCCDより感度特性がすこぶる良くなっている(ような感じ)。いや、CCDだけが良くなったのではなく併せて画像処理技術も、ここに来て、ぽーんっ、と良くなったのかもしれない。ともかく、このW200を使って、あれこれ撮影をしてみてその画像(画質)を見たときは、高ISO感度画像もふくめて、こりゃあイイぞ、とおおいに感心しました。

 ただその反面、この高画素化に対してひじょうに残念だったのは、高画素になったのはいいのだけれど、ぼくがいちばん期待している「高画素化による、そして高画素だから可能な“新しい機能”」がなーんにも見えてこないことだ。ただ、画素数が増えただけ。いつまでも、ただ画素数を増やしていくだけではダメなんですよね。プラスアルファがないとねえ。高画素化することによってもたらされるであろう ―― それがナニかぼくには具体的にはわからないが ―― 画期的な、エポックメーキングなことをやってもらわなくちゃいかんのですよ。その“なにか”に期待しての高画素化いけいけどんどんなのだけどねえ、いつまで待ってりゃあいいのか…。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL