大胆にも画質モード省略

ソニー・Cyber-Shot W200
 1210万画素のW200を使ってみて、おやっ、と思ったことが二、三あった。ひとつはJEPGの圧縮モードがなくなったこと。H7でもなかったような気もするがいま手元にないので確認できない。従来のCyber-Shotのシリーズは画質モードとして「ファイン」と「スタンダード」が選択できたのだけど、このW200には画質モードそのものがなくなっている。撮影した画像のファイルサイズを見てみると「スタンダード」相当のような気もする。だいたい平均すると3.5Mほど。
 ソニーがコンパクトデジタルカメラの圧縮モードを省略しはじめた理由は不明。しかし、その“魂胆”を想像してみるとあれこれおもしろい。ただ、ぼくは(とくにコンパクトデジタルカメラの場合)JPEGの圧縮率は、被写体状況やアレやコレや(秘密だ)によって頻繁に変更して撮影するタイプなので少し戸惑った。それにしても、ローエンドの1万円そこそこのカメラならいざしらず、W200クラスのカメラで、それも注目の1200万画素機種で画質モードをなくしてしまうなんて、その大胆さに驚く。


 ふたつめは液晶モニターの解像度。サイズは2.5インチ型なのだが11.5万画素程度の“ワンランク下”のLCDなのだ。1200万画素機種なんだからせめて23万画素程度は欲しいなあとは思うけどWシリーズはこの程度でとどめるようにしているのかなあ。明らかに見映えが悪い、とは感じなかったけれど、少し使い始めたときに、あれっちょっとヘン、と思ってスペックを調べると11.5万画素だったというわけ。
 液晶モニターは今秋、来春のモデルあたりから少しづつだけど“大きな変化”がありそうですね(たぶん)。その新型モニターの採用により将来的にはデジタルカメラの表示スタイルもあれこれ変更を余儀なくされるでしょうし、GUIも含めた新しい表示アイディアも出てくるに違いないでしょうね(おおいに期待)。
 みっつめは一眼デジタルのα100にも採用されているDレンジオプティマイザーの機能を搭載していること。ぼくはこれにもっとも注目したわけだけど、その効果が少し控え目であったのが残念だった(今後に期待)。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL