少し不満あり、のカシオ1210万画素

カシオ・ EX-Z1200
 Z1200に使用している撮像素子は、たぶん ―― カシオはノーコメントだ ―― ソニーのW200と同じCCDを使っていると思われる。ところが、W200のほうには“厳選品”のCCDを使っていてZ1200には“お余り”のCCDがあてがわれたような、そんな、ばかばかしい想像をしてしまうほどに、同じ1200万画素のCCDを使った画像なのに写りが違っていた。むろんW200の画質のほうが良かった。画像処理の“実力”の差が出たのだろう、と思うだろうが、違うとぼくは考えている。理由はいろいろあるが(説明がめんどう)、そもそもカシオは画像処理はウマいはずなのにねえ。
 Z1200はプリセットで設定できる最高ISO感度がISO400まで(なぜ400までで止めているのだろうか、W200はISO3200までプリセット設定できるのに)。いや、ISO800やISO1600でも写せなくもないのだけれど、めちゃくちゃややこしい設定をしなければならない(これはぜひ改良の要あり)。で、ようやく設定をしてISO1600で撮影をしてみると、これがW200のISO1600に比べて大いに見劣りがする。切れ味が悪いうえにノイジー(ちょっと、ね)。ISO100前後での画像はW200に負けず劣らぬ高画質なのに、高感度になるととたんにへにゃへにゃになってしまう。どうしたんだよカシオ。


 正直をいえばこのZ1200についてあまり多弁したくない。カシオは新製品のたびに積極的に新しい機能や機構を盛り込んできてそうしたところが好きなぼくとしては、このZ1200について語れば不満ばかりがクチを突いて出てきそうな気がして困る。と、いいながら少しだけあえて不満点を述べるとすれば、レンズがあまり良くないよね…、AFの性能が良くないよね…。
 内蔵レンズはごくごくふつーの3倍ズームなんだけど、広角側の描写の良さに比べて望遠側になるとレンズが違うんじゃないかというほどにとたんに描写が頼りなくなる。とても1200万画素の高解像力を発揮できるような描写実力はない。広角側の描写についても素直なライティングではいいんだけどね。望遠側はライティングにかかわらずイマイチでしたねえ。けっして誉められたもんじゃない。AFも低輝度被写体になると、とたんに意気地がなくなる。合焦マークを確認して写した画像がことごとくピンぼけってのも悲しくなる。

 ことほど左様に、高画素になればなるほどレンズ性能やAF性能の目標値が従来の1000万画素クラス以下のカメラに比べれば“桁違い”に高くなってきているんではないか。公差値をもっとシビアにするとか、そのへんをもう一度、じっくりと検証してからカメラづくりをしないと、せっかくの1200万画素や1400万画素の高解像度を生かすことができないんではないでしょうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL