GX100ネタ、その1

リコー・ Caplio GX100
 以下の話、GX100ユーザーでないと、内容がちょっとわかりづらいだろうし、読んでもおもしろくもないぞ。その1。

 撮影のたびにレンズキャップを外さなきゃいけないのがGX100の大きな不満点だよね。そう、レンズバリア内蔵式ではない。チャチっぽい挟み込み式のレンズキャップを付けたり外したりしなければならない。これが実にめんどう。キャップを外すのを忘れてメインスイッチをONにすると「キャップを外しなさい」と液晶モニターに警告がでてくる。
 ぼくはソレが鬱陶しいので ―― レンズキャップの着脱も、液晶モニターの警告も ―― ハナからレンズキャップを外したまま使うことにした。レンズキャップなしでカバンに放り込んだり、片手でボディを掴んだままぶらぶら歩いたりしてた。だからとうぜん、レンズ表面はムキだしだなのでゴミはつく汚れる。キズが付かないように、それなりに気も使わなければならん。汚れればシャツかなにかできゅっきゅっと拭けばいいのでそれは別に気にはならないのだけど、なぜだろうかGX100のレンズはよく汚れるのだよ。気づいたら拭くようにしてるのだけど、しまいにジャマくさくなってきて、ふたたびレンズキャップを使うようになった。軟弱者。


 それに、もうひとつGX100のレンズキャップのイカンことがある。ワイドコンバージョンレンズを取り付けようとするとレンズキャップを外してから、さらにレンズ鏡筒にあるバヨネット式着脱のリングキャップを外さなければならない。取り外した細くてちっちゃなリングキャップをしまっておくところもない。そのうえ、このリングキャップを外してしまうと、さあ今度はレンズキャップができない。レンズキャップをするためにはリングキャップが必要不可欠なのだ。
 ぼくは頻繁にワイコンを使うから、レンズキャップを外す、リングキャップを外す、ワイコンをセットして撮影する、撮影をすませてワイコンを外す、リングキャップを取り付ける、レンズキャップをする、てなことを愚直にやってたわけだ。
 でも、いつまでもソンなばかばかしいことやってられない。そこでレンズキャップとリングキャップをテープでがっちりと貼り付けて固定一体化してしまった。こうすれば、まるでバヨネット式のレンズを交換するようにレンズキャップがワンタッチで着脱できるようになった。ワイコンを使うときもスピーディーにできるようになりすこぶる操作性が向上。(なお、ボディにキャップ部をするときにはバヨネット式なので指標合わせをして取り付けなくちゃならない、そこで取り付け位置がハッキリとわかるようにキャップ部に白い指標をつけておいた)
 じつに他愛ない“改造”なんだけど使い心地は大変にイイですぞ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL