GX100ネタ、その2

リコー・ Caplio GX100
 GX100には着脱式の液晶ファインダー(VF-1)が付属しております。GX100の発売ぎりぎりまで、このVF-1がないモデルとそれをキットにしたモデルの両方を販売するつもりだったようで ―― 結果的にはキットモデルだけになったのだけれど ―― 使用説明書を見るとそのことがよくわかる。ぼくはこのファインダーが大好きで、使うときも使わないときも常時、付けっぱなし。VF-1をセットすると少し嵩張りジャマに思うこともあるが、いまじゃあそれがないGX100なんて考えられない。
 そのVF-1には視度補正機構があって、ファインダー接眼部を回転することで視度調整ができる。GX100を使い始めたころから気になっていたのだが、この接眼部の回転がヘナチョコですぐに動いてしまってせっかく合わせた視度調整がズレてしまう。バッグに出し入れするだけでズレる。肩や首からGX100をぶら下げてるだけで知らぬ間に接眼部が回転していることもあり、ファインダーを覗くたびにムカついておりました。


 ぼくの使っているVF-1は初期ロットのもので、いまのモデルでは改善されてもう少しカタくなっているかもしれないが、とにかくぼくのはくるくるとよく回転してしまうのだ。回らないようにテープを張り付けて固定しようとしたのだがどうもウマくいかん。接着剤でも使って“永久固定”しようとも考えたのだけど、それはあまりにも乱暴。
 苦節数日、そこで考えました。また他愛ないアイディアだけど、細い木綿糸をファインダー接眼部が回転する隙間に巻き付けてみた。コンマ数mmぐらいの少しの隙間なんだけど、そこに黒い木綿糸を、くるくるきゆっ、と数回巻き付けただけで不用意に回転して視度調整が狂うことがなくなった。もし視度調整をしなおしたいときは少しチカラを入れて回転すれば動く。視度調整がすぐにズレてお悩みのあなたに、この方法はおすすめですぞ。
 でもしかし、レンズキャップにしてもそうだけど、ユーザーがあれこれ工夫をしなければ気分よく使えないようなカメラを作るなよ、とリコーに不満もあるけれど、デキの悪いムスコほど可愛いともいいますから、ぼくはいま愛着持ってGX100を使っております。

 というわけで、GX100をこんなふうに改良して使っておるぞ、というグッドアイディアがあればぼくにも少し教えてくださいね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

リコーGX100がけっこう値下がり情報

RICOH GX100がけっこう値下がりってまして、6万円ほぼちょうど状態