DP1はまだかいな

シグマ・SD14+17?70mmF2.8?4.5 DC
 じつにユニークな撮像素子であるFoveon X3を使った個性的なデジタル一眼レフカメラであります。そのFoveonのセンサーを使ったカメラとしては現在、このSD14のただ一機種だけ。注目のDP1(Foveon X3センサーを使ったコンパクトデジタルカメラ)は発表されたものの発売の気配も見えないけれど、もっともっと評価されてもいい撮像素子であり、そしてカメラであると思う。
 初代がSD9、それをマイナーチェンジしたのがSD10で、このSD14はあれやこれや旧型から大幅にモデルチェンジさせて“格段”によくなっている。SD9/SD10に比べればとっても良い一眼レフカメラに仕上がっていると思う。
 デジタルカメラとしての実力も十二分にある。ただ、デジタルカメラとしてややクセが強すぎる。だから、その実力を充分に発揮させてSD14を使いこなすには、それなりの技術と知識、覚悟と忍耐が必要不可欠なのだ ―― それが愉しいのだというユーザーも多い。ぼくもSD9、SD10、そしてSD14と使い続けているけれど、しかし、いまだに自分で満足できるほどに使いこなせていないような気もしないでもない。


 というわけで、SD14の実力のうち、まだまだ50%ぐらいしか発揮させていないんじゃないかと思うときもあって、われながらじつにもどかしい。
 でありますから、ぼくとしては「SD14使いこなし同好会」というようなもんを設立してお互いに情報交換できたらいいなあと思うときもあるほどで、たぶん、ユーザーの人たちも同じような思いを抱いているんではないでしょうか。たとえばシグマがSDシリーズだけの「ブログ」のようなものを作って ―― そう、あのGR DIGITALだけのブログのような ―― ユーザーを大事にしてくれればいいんだけど(そんなことやってくれてるのかなあ…ぼくが知らないだけかな)。
 DP1のことでそれどころではないという気持ちもわからぬではないけれど、いまのシグマを見ていると、釣った魚にはもうえさなどはやらん、という感じもしなくもないぞ、山木さーん。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL