マイクロサムネイル

フジフィルム・FinePix F50fd
 少数だとは思うけれど、デジタルカメラの高画素化のハナシになると、われさきにとさまざまな意見を述べる人が出てきますね。テーマがわかりやすいからかな。
 コンパクトデジタルカメラの画素数は、好むと好まざるにかかわらず、この先もっとアップするでしょう。数年後には2000万画素近くはいくんじゃないか、と言う人もいる(ぼくじゃないぞ)。さすが1/1.6型サイズ程度で2000万画素といわれると眉に唾付けたくなけれど、しかし1200万画素クラスのコンパクトカメラは当たり前のようにぞくぞくと出てくるはず(もうすぐだ)。
 でも、そうしたデジタルカメラ高画素化のいっぽうで、画素数はそこそこにとどめておき(300万画素とか400万画素に戻ることはないだろうけれど) 新しい機能―― たとえばもっと高感度の画質をよくさせるとか階調描写力を飛躍的に向上させるとか超高速連写ができるようにするとか露出の概念を超越するとかあれやこれや ―― そんな機能を搭載したカメラが出てくる可能性だって大いにあります(いまは詳細を述べられない)。コンパクト・一眼を問わず、デジタルカメラは画素数も含めて、こんごはもっともっと多様化していくでしょう。すべてのデジタルカメラが同じように高画素化に突き進んでいくなんてあり得ません。


 F50fdの新しい機能の中で「マイクロサムネイル」の表示機能が、ぼくとしてはいちばん“実用的”だと感じましたね。同時発表されたFinePix Z100fdにもS8000fdにも搭載されている。再生モードでの表示画像を最小サイズで、2.7インチ型の液晶モニターに、縦10カット横10カットの合計100カットを一括表示する機能だ。約5mm×4mm程度のごくごくちっぽけな画像。コマンドダイヤルで画像を選択するとその画像だけが約2倍の約10mm×8mmほどにズームアップする。ズームアップされると写した本人だとナニが写っているのかはナンとなくわかる。表示画像は小さくて、他の人が見たってこまかなディテールはまったくわからないけれど、こうしたサムネイル画像は写した本人が「だいたい」の様子がわかればそれでいいのだと思う。むろん通常のフルサイズ画像に拡大表示するのももっと拡大表示することもカンタンにできる。
 いまは23万画素程度の液晶モニターだけど、来年から再来年あたりにはコンパクトカメラにも90万画素を越えるVGAモニターがどんどんど採用されてくるだろうし、そうしたときにこのマイクロサムネイル表示の実力が発揮できるだろう。さらに、メモリーカードの低価格によりカードを写真アルバムのようにして“使い切り”にする人も多くなってくるだろうし、そんなときにもマイクロサムネイルの表示機能は大いに役立つはず。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL