タムロンの注目レンズ

キヤノン・EOS 30D+タムロン・SP AF17?50mmF2.8 XR Di II
 この17?50mmF2.8は、安い、良く写る、大口径なのにコンパクト、が最大のポイントであると昨日も言った。その三つの特徴を複合的に効率よく重なりあわせて17?50mmF2.8のズームレンズに仕上げられている。安いのにめちゃくちゃ良く写るズームレンズ。大口径ズームなのに軽量で小型のレンズ。
 その描写性能は、価格のことを考えずに(安いレンズだから、といったエクスキューズなしに)評価しても、その写りの優秀さに感心する。もしアラ探しをするとすればF2.8開放絞り値で広角側のとき中心部に比べて画面四隅あたりでごくわずかに甘い描写になるが、しかしそれとて1?2段ほど絞れば描写性能はとたんに向上する。そこで、4万円そこそこ、いやそれ以下の価格のズームレンズだということ前提にして描写を評価するとすれば、いやはやまったくもって凄いよなあ、と、いつも使うたびに感じるわけです。


 このレンズの希望小売価格は5万5千円だが、実販価格はというと、なんと4万円前後、なのだ(3万5千円ぐらいのところもあるようだね)。ちなみに、キヤノンにはEF-S17?55mmF2.8 ISがあってこちらの実販価格は約12万円ぐらい。約3倍。ニコンにはAF-S DX 17?55mmF2.8Gがあるがこちらの実販価格はといえば約18万5千円ぐらいでありますから、約4.5倍の価格。同じF2.8通しで焦点距離も同じぐらいであることを考えればタムロンの17?50mmF2.8が4万円前後で売られていることに驚かざるを得ない。
 で、ついでだからと、いま、タムロン、キヤノン、ニコンのそれぞれのレンズ重量を調べてみたのだけど、タムロンが430g、キヤノンが645g(手ブレ補正内蔵が魅力のレンズだけど)、ニコンに至っては755gもあるヘビー級(いいレンズだけど、うーん…ニコンらしく重い大きい高い)。
 先日、それらの3本のレンズを使って同条件で撮り比べてみましたけれど、とくに価格のことなどをあわせて考えてみれば、タムロン17?50mmF2.8の素晴らしさに感服。