無線LAN内蔵

ニコン・COOLPIX S51c
 無線LANの機能を搭載したカメラ。カンタンに言えば、撮影した画像を無線LANのアクセスポイントを経由して指定されたサーバーに保存しておける。こうした機能がもっともっと活用できるようになると ―― いま現在では、まだまだ環境(インフラ)が充分とは言えず制限も多いが将来性はある ―― 少し先の話になるけれど、メモリーカードはいらなくなる、携帯電話などを使っていつでもどこででも自分が撮った画像が見られる、友人や家族も同じようにその写真を見ることができる、必要なときにサーバーから自分のPCに画像を移動することもできる、指定した写真だけをプリントしてもらってコンビニなどで受け取れる…、といったことが夢でもナンでもなくなる。たぶん、近い将来、おおばけ、するに違いない。
 手ブレ補正機能を備えた屈曲型3倍ズーム内蔵の810万画素の薄型カメラで、カメラそのものとしてはとりたててどーのこーのはないけれど、しかし無線LAN機能が愉しいおもしろいのだ。


 このテの無線LAN機能を備えたカメラやプリンターはいままでに何台も使ってみたことがあるのだが、どうもぼくには“鬼門”でありましてどれもこれも期待したようにウマく作動してくれなかったのだけど ―― メールアドレスのabc文字を入力したりアクセルポイントを確認するための操作が相当にめんどうくさかったけど ―― このS51cはどうしたことか、じつにすんなりとセッティングが終了した。ニコンが用意してくれているサーバーの「my Picturetown」(2GBまで無料)にも登録が済んだ。自宅にある無線LANを経由して家族の携帯に画像メールをしてちょっぴり驚かせたりして愉しんでおります。
 あとは街中にある公衆無線LANのアクセルポイントを使って画像転送を試してみるつもりなのだが、このセッティングがめんどうそうで、というのも使用説明書にSSIDだとかWEPキーだとかIPアドレスなんてややこしい用語が並んでいるのでいまペンディング中、繋がったらまた報告しますね ―― S51cには一年間無料のソフトバンクのBBモバイルポイント利用権がついているから活用しなくちゃあ。