露出補正、さっとできますか

フジフィルム・FinePix Z100fd
 Z1から始まったZシリーズはZ1からZ5fdまでずーっと“一貫”して屈曲型3倍ズームレンズを採用してきた。薄型のフラットボディで、レンズバリアをスライドさせることでメインスイッチONになるという方式もずっと同じでそれが特徴。そうした基本ボディスタイルはそのまま継承しつつ、“大幅”にモデルチェンジしたのがこのZ100fdである。
 どこが“大幅”モデルチェンジかというと、内蔵の屈曲型ズームが5倍になったこと (いつまでも3倍じゃしょうがないよ、これはよい)、CCDシフト方式の手ブレ補正機能を搭載したこと (ブレ補正効果はいまいちだけど大歓迎)、xD-ピクチャーカードだけでなくSDカードも使えるようになったこと (おーい、オリンパスはどうするんだ)、カードスロットが大きくなったせいでバッテリーを薄型に変更 (CIPA規格で約200カットが約150カットに減)、800万画素になったこと (ハニカムじゃないので別にどーでもいい)、そしてフジのデジタルカメラのアイデンティティーと言ってもよいほどの便利で存在感のあったFボタンを廃止したこと(ぼくはこれがヒジョーに残念だった) ―― などなどである。


 また、従来の十字キーボタンから新しくホイールダイヤルに変更になったのだけど、使い勝手が(ぼくが使い方が悪いせいだろうけれど)予想していたほどよろしくない ―― なんだか全体にどの操作ボタン類もとてもちっちゃくなって、華奢でスリムな女性の指には似合いそうだが、おじさんたちの無骨で太い指ではきっとミスタッチしまくりだろう。ま、どちらにせよ、おじさんたちに似合うようなスタイルのカメラではない。カラーバリエーションもハナっから若い女性をターゲットにしていて、まるで“お化粧ケース”のようでもある。確信的女性狙いだから、カメラ操作の難しさや、とっつきにくさをできるだけ避ける仕組みがなされているようだ ―― こうした考え方もいかにも古典的だけどね。だから、露出補正やホワイトバランス、ISO感度の変更といったことは、極力やらせないようにしている(と、思える)。
 たとえば、カメラ店の店頭でもよろしいからこのZ100fdを手にして、露出補正を試みてみるがよい(ISO感度変更でも、ホワイトバランス設定でもよろしい)。もし、素早く3分以内に設定を完了できれば、あなたはカメラ操作についてはマスター資格を与えられるでありましょう。いや、露出補正もISO感度もホワイトバランスも、そんなややこしい操作をしなくてもキレイに思ったように写ればそれでいいではないか、という意見ももっともであるけれど、はてさて、このZ100fdはそうしたカメラに仕上がっておるか、といえばどーかな?