おっ、ごきげんさん

ニコン・COOLPIX P5100
 仙台で、ひさしぶりに愉しくおいしくビールを飲みました。ごちそうさまでした。
 ところで仙台にはニコンのマザー工場があって、そこではいま、D3を土日返上でフル生産している(たぶん)。むろん今回はニコンの工場とはかんけいなく牛タンなど食べながら、別件で仙台市内に滞在していた。
 いや、そんな話はどーでもよくって、現在のニコンのコンパクトデジタルカメラの“フラッグシップ機種”であるところのP5100のことだけど ( なお、知ってる人もいるだろうけどP5100は仙台ニコンでは作ってはいない)、今年の春に発売された1000万画素のP5000の後継モデルで、大きく変わったところと言えば 1200万画素になったことぐらい―― 小さな改良点や変更点はいくつかあるけれど。新型になってRAWで撮れるようになったわけでもないし、AF測距スピードが速くなったわけでもない ( それにしてもピント合わせが遅いよなあ、撮影をしていて、いったいナニ考えてるんだろうか、と思うときがある)。ボディのスタイリングはそのままだし、当たり前だがレンズも同じ。1000万画素から1200万画素になってナニが変わったのだろうか。


 じゃあ、というわけでP5000と撮り比べてみた。
 結論をさきに言えば、通常のISO感度での撮影でも高ISO感度で撮影でも「ほぼ同等」だった。つまり、画質的にはあまり変わり映えしてない、ということ。そもそも1000万画素が1200万画素になったからといって、そして、画像処理に「EXPEED」が採用されたからと言って、画質が突然、良くなったり悪くなったりするわけはないのは、始めからわかっていたことだけど、それをあらためて確認したということ。
 P5100とP5000との撮り比べをした結果を、もう少し詳しくお話しすると ―― ところで、このようなことを話題にすると、ときどき、「小さな画像じゃわからん、オリジナルの画像を見せろ」なんてアホな要求をしてくる人がいて困るんだよね ―― ごくごくわずかだけど1200万画素のほうが解像感はある。どれくらいかというと、150?180%近くに拡大表示して見比べてようやく、なんとなくわかる、ぐらいの違い、と言えば理解してもらえるだろうか。その程度の違いなのだ。で、どちら、P5100かP5000かどちらの画像がスキか、と問われれば、ぼくは文句なしに旧型P5000のほうをとりますね。くどいようだけど、スキかキライか、だよ、良いか悪いかじゃないよ。