ノイズリダクション

ニコン・COOLPIX P5100
 旧P5000から新P5100にモデルチェンジされて画素数が1000万画素から1200万画素となった。変更点の大きなものはこのことぐらい。その話は先にした。このほかに小さな変更点がいくつある。ざっと見比べただけなので見落としがあるかもしれないが以下のようなもの。露出補正をするとバーグラフが表示されるようになった。一括カスタム登録ができるようになった。レンズの歪み補正がワイコンなしでも活用できるようになった。ノイズ低減モードの設定が少し変わったこと、など。
 旧P5000では露出補正表示が小さな数字表示だけだった。これがわかりづらく不満だった。新P5100では補正数値の近くにアナログ式のバーグラフが表示されるようになった。見ただけで直感的に補正量が確認できて、使い勝手としては格段に良くなった。歪み補正は旧P5000にも搭載されていたのだけれどワイコンを使ったときしか設定できなかった。それが新P5100になってワイコンなし状態でも働かせることができる。内蔵ズームレンズが、とくに広角側で樽型の歪みが目立っていてP5000ではなんとかして欲しいよなあと思っていたので、ぼくとしてはうれしい改良だ。ただし、歪み補正をすると撮影画角が少し狭くなってしまう。フレーミングしているときに、画角が狭くなっていることがあらかじめわかるから、別段それほど困ることはない。ぼくは常時、歪み補正をON。


 さまざまな撮影機能を変更したり設定したりしたものを一括して登録できるカスタムモード(2つ)が新しく搭載された。これも便利でよい。ノイズ低減機能がP5000とP5100とで少し変更された。これがちょいとヤヤこしい。旧P5000ではノイズ低減機能として「自動ON」と「OFF」の2つのモードが選べた。これに対して新P5100では「AUTO」と「ON」の2つとなった。旧P5000ではノイズ低減処理をOFFにすることができたのだが、新P5100ではOFFにすることができなくなった。ユーザーが望む望まないにかかわらず、カメラ側が必要だと思えば勝手にノイズリダクション処理をしてしまう。
 ぼくのようにノイズリダクション処理が大嫌いなものにとっては、この新P5100の“強引さ”と“身勝手さ”には多少ムカつく。P5100よりもP5000のほうが「スキ」だと言っていたのはこれも理由のひとつ。ただし、ノイズリダクションOFFを廃止した新P5100の苦しい立場もわからないでもないのだけど。
 なお、ひと言つけ加えておくと、旧P5000も新P5100も搭載されているノイズ低減機能は、高感度ノイズの低減とともに長秒時撮影で発生するノイズ ―― といっても、デジタル一眼の“長秒時”とはケタが違って1/2秒ぐらいから目立ち始める ―― も 、一緒にリダクションしてしまう機能である。