2台の1200万画素

オリンパス・FE300
 少し、昨日のつづき。
 μ1200のファニーフェイスのことであるが、これは、写した人物の顔をモーフィングさせたように目や口などの一部分を変形させて画像処理をおこない“笑い顔”や“ヘンな顔”を作る機能なのだ。顔認識機能を利用しているようだが、アイディアとしては素晴らしい。将来性もある。それに目を付けたオリンパスはさすが。μ1200にこうした機能が搭載されていると聞いたときから、μ1200で撮影できることを今や遅しと待っていたわけだ。で、使ってみたのだけど、これが、がっかり…。
 ときどき、オリンパスっていったいナニ考えてるんだろうか、と思うことがあるが、このときもまさにそうでありまして、オリンパスのセンスのなさに放心した。かなり大袈裟に言えば人間の尊厳をコケにしていますね。ぼくはてっきり堅苦しく真面目な表情で写った顔を、目の回りや口元あたりを少し変形させて柔らかい笑顔に仕上げてくれるものと期待をしていたのだが、とんでもない。ガサツな若者をばか笑いさせるだけのようなデリカシーのカケラもない歪んだ顔に仕上がる。こうしたモーフィング処理は将来、もっともっとポピュラーになって“使える機能”になっていくに違いなく、そうした意味でも、オリンパスがスタート時点でこんなことしかできなかったのは残念至極であります。


 そのファニーフェイスの機能はFE300には搭載されていない。だからFE300のほうをすすめるというわけでもないが、同じ1200万画素のカメラとしてμ1200とFE300があるのだけどFE300のほうがイイですね。レンズも同じ、むろん撮像素子も同じ。μ1200もFE300も手ブレ補正機能はあるのだけど、両機種ともソフト処理をしてブレを目立たなくするという ―― じつはほとんど役立たずだけど ―― いわゆる“なんちゃって手ブレ補正”しかない。撮影機能も、ま、似たり寄ったりで決定的な違いはない。
 でも価格がだいぶ違う。大型量販店の販売価格でμ1200が約5万円、FE300が約3万5千円ということなのだからカメラの内容を知っているならそりゃあ文句なしにFE300でしょうね。ただし、この話はオリンパスの1200万画素カメラの2機種のどちらにすればいいかという場合に限ってであって、ぼくの本心としては、このたびの新発売であるオリンパスの1200万画素カメラよりも、そのほかのオリンパスの機種のほうが魅力的でありましたし、1200万画素にどうしてもこだわるというならばオリンパス以外の機種を候補にするほうがよろしいでしょうね。