3D-トラッキングAFについて、もう少しだけ

ニコン・D300+AF-S DX18?200mmF3.5?5.6 VR
 D300はいいカメラであって、3D-トラッキング以外にもあれもこれもハナシをしたい機能や機構がたくさんある。しかしぼくとしては、3D-トラッキングの機能にとにかく感心しまくってしまったので、このことについてもうちょいとハナシを続けたい。そのまえに、3D-トラッキングの、しいて欠点をあげておくが、それは設定方法がちょいとめんどうなこと。設定を解除して通常のAFモードに戻るときもめんどうだ。ワンタッチで3D-トラッキングON/OFFができれば申し分ないのだけどそれができない。

 言うまでもないが3D-トラッキングはD300だけではなく、D3にも搭載されている。その設定方法も、その操作方法もまったく同じだ。
 さて、3D-トラッキングの機能を使って撮影するためには、必ず3つのAFモードを変更しなければならない。以下、順不同。1、フォーカスモードを「C」に設定する(レバー切り替え)。C、つまりコンティニアスAFサーボだ。2、AFエリアモードを「ダイナミック」に切り替える(同じくレバーを操作)。そして3、メニュー画面内のダイナミックAFエリアの設定項目の中から「3D51点(3D-トラッキング)」を選ぶ(メニューの深い階層下にあるのでわかりづらい)。
 この1、2、3の設定を完了すれば晴れて3D-トラッキングがONになる。このうちの1つでも設定を省略すると3D-トラッキングは働かない。


 先日もすこし述べたけれど、3D-トラッキングの完成度はまだまだ“充分”とは言い難い。使う側が工夫してやらなければならないところも多々ある。ぜひ改良して欲しい点もある。その1つが、できるだけ迷わないようにして欲しいこと。始めに測距したターゲットは“食らい付いて離れない”ぐらいの気概を持って測距ポイントをホールドし続けてくれればいいのだけど、どうも性格が散漫なせいだろうか、あっちふらふら、こっちふらふらすることがある。
 そこで、ふらふらしそうだな、と思ったらAFロックをしてやることにした。そもそもダイナミックAFは、AFロックとは馴染まないのだが、そこは、ま、いいじゃないかということで、ぼくはファンクションボタンにAFロックの機能を割り当ててみた(AF-Lボタンがボディ背面にあるのだけど、恐ろしく操作性が悪い)。すると、これがよろしいのだ。3D-トラッキングのふらふらにご不満のかた、ぜひ、おすすめ。ただし、望遠レンズなどを使ったときにファンクションボタン ―― ボディの前面下部にある ―― に指が届かなくなって困るのが難点なのだけど。

ヴェニスの、すぐ近くにぼくの大好きなトレヴィゾの古い街がある。トニオは元気かな。