カメラの縦吊り

リコー・GR DIGITAL
 「カメラは横吊り」とぼくはムカシから決めていて、いや別に深い理屈はないのだけれど、そのカメラがたとえ縦吊りができてもそうして使うことはない。縦吊りができるカメラはといえば、いま思い付く機種としてはブロニカのRF645、フジのGA645などで数は少ない。GA645は縦吊りのみだけど (だから使っていてこのことが気になって仕方なかった) RF645は縦吊りも横吊りもできる。
 同じようにこのGR DIGITALも横吊りと縦吊りができる。フィルムGRシリーズからの“こだわり”なのだろう。同じように横吊りも縦吊りもできるカメラと言えばライカM5 ―― M型ライカの中ではもっとも魅力的で大好きなカメラだ ―― で、これは初期タイプは縦吊りしかできない「ツーラグ」だったが、その後横刷りも縦吊りができるようにストラップ取り付け金具が三つ付いた「スリーラグ」になった。ライカうるさ型の人には、M5はツーラグだ、とこだわるようだけど、ぼくは横吊りができるスリーラグのほうが“実用的”でイイと考えていて、実際スリーラグのM5しか持っていない。


 そんなライカの話はどうでもよくって、じつは先日、ふと気が変わってGR DIGITALを縦吊りにしてみたら、これがなかなかよろしいではないか。すっかり気に入ってしまった。もちろん縦吊り用にストラップもあれこれ選んでみたが、結局、GR1の別売ストラップとして販売していたものがもっとも良くてそれを使うことにした。ストラップの細さと柔らかさが、軽くてちっちゃなGR DIGITALとぴったりマッチングしていてすこぶるイイのだ。カメラのストラップについてはぼくは一家言あって…、ま、そんなことはどうでもいいや。
 で、GR DIGITALは横吊りにしていたときにストラップが付いていた側 (カメラに向かって右側) が縦吊りにしたことでじつにすっきりとしたので、その面に滑り止めのゴムを両面テープで貼り付けて、こうすることでいままでちょっと苦労していた撮影がウマくできそうだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

RICOH GR DIGITAL のレビュー・記事リンク集 6/3 田中カメラマンの製品レビュー追加

リコー GR DIGITAL の製品レビューや記事などをとりまとめています。