「改造」って大袈裟にいうほどのもんじゃないが

シグマ・DP1
 最近、趣味はナンですかと聞かれることがよくある。タナカさんはモノにこだわりがありますからねえ、なんて勝手に決めつけてそう聞かれるんだけど、自慢じゃないがぼくほど「こだわり」と無縁な人間もいないんじゃないか、と思うほど万事、いい加減、アバウト、気分的。だから人並みの趣味と言えるようなものなんてひとつもない。無趣味、無芸。ただ、いま振り返って考えてみるといくつか“ガンコ”に守っていることが ―― いつ気がかわるかもしれないけれど ―― なくもない。たとえば、シャッタースピード優先AEは特殊な条件以外は使わない、とか、どんなことがあっても電車やバスのシルバーシートには座らない、とか、ビニール傘を使うぐらいなら濡れた方がイイ、とか、どんな高級レンズでもいわゆる保護フィルターはいっさい使用しない、とか、一日に一杯は必ずビールを飲む、とか、あははは、じつにツマらんことをガンコに(と、言うほどのもんでもないけどね)守っているぐらい。


 つまりぼくは、すぐにモノに馴染んでしまう融通無碍な性格だからして、カメラやレンズも初めて手にして使ったときにアレやコレや操作性やその他いろいろ気になったとしても、すぐに「自己補正」してその使いにくさなどを無意識のうちにカバーして使ってしまう。たとえば露出補正の操作がきわめてやりにくいカメラなどだったら露出補正をしないように撮影をしたり、露出補正に替わる他の方法を探し出したりして使ってしまう。レンズのウエイトバランスが極端に悪いレンズだったら従来のホールディングスタイルを変えてそのレンズを使いこなすのに最適な持ち方を工夫して使ってしまう。

 と、えんえんとツマらない話をしたのは、じつはDP1も当初、びっくりするほど使いにくいカメラだなあと思ったのだけど ―― つぎつぎとシャッターが切れない、ピントが合いにくい、ISO感度やホワイトバランスを変更するのがタイヘン、RAWとJPEGの切り替えもやっかい、ボディがホールドしにくい ―― でも、しばらくすると「自己補正」して使い込んだりカメラを少し改造(それほどたいした改造じゃないのだけど、ま、こんなふうに滑り止めのラバーをボディの両面に張ってみただけ) したりして、結構、DP1に馴染んでしまって使い込んでおります。