昨日のつづき

富士フイルム・FinePix F100fd
 F100fdの、たいへんにめんどうな露出補正操作の話のつづき。
 F100fd背面の操作部に回転式のホイールダイヤルがある。このダイヤルには上下左右方向に押し分ける機能も備えていて中央部にOKボタンがある。さて、F100fdで露出補正をやろうとすると、まずOKボタンを押してモード選択画面を表示させる。このモード選択画面ではAUTOやマニュアル(M)や各種のシーン撮影モード、そしてメニューが選択できるようになっている。ホイールダイヤルをくるくる回転して、各種撮影モードのなかに紛れ込んでいるメニュー設定モードを選んでからOKボタンを押す。ここでようやくメニューの設定画面が出てくる。そしてこの中にある露出補正にカーソルを合わせる。OKボタンを押す。すると、やっと露出補正設定の画面となる。 ―― なんだか説明が複雑ですまんけど、いや実際の操作も、同じように複雑なのだ。
 で、露出補正をする上で困ることがひとつあって、それは撮影モードでマニュアルモード以外の、たとえばシーンモードであるとかAUTOモードを選んでいたりするとメニュー画面に切り替えても露出補正はいっさいできない。同じようにホワイトバランスも選べない。露出補正やホワイトバランスを設定するには、必ずマニュアルモードを選んでおかなくてはならないというわけ。


 ぼくは常々、デジタルカメラを使いこなして撮影を愉しむための「三種の神器(機能)」があると思っている。「ISO感度」、「ホワイトバランス」、そして「露出補正」の3つだ。
 この3つの機能を積極的に活用することで ―― 撮影直後に液晶画面を見ることでリアルタイムにその結果を判断することもできる ―― デジタルカメラで撮影する写真がぐんと良くなる。だから、初心者とかベテランとか、オートモードとかマニュアルモードとかにかかわらず、いつでも必要なときに素早く設定ができるようにしておくべきだと考えておるわけです。なのにF100fdでは、素早くどころか厄介な操作を強いられる、選ぶこともできないこともある。フジは「露出補正もホワイトバランスも、シロートがイジると失敗のもとになる」と考えてるのだろうか(もしそうだとすれば、それはちょっと違うと思う)。
 かりにマニュアルモードを選んでいたとしても、露出補正をするにはOKボタンを押して、ホイールダイヤルをくるくるして、メニューモードを選んでから、OKボタンを押してメニュー画面を表示させて、露出補正を選んで…以下省略。つまり、“我慢強く”以上のような操作をしてからでないと露出補正(あるいはホワイトバランス)ひとつ設定できないというわけなんですよ。いったい、フジはデジタルカメラにとって「露出補正」や「ホワイトバランス」というものをどんなふうに考えているんでしょうね。ぶつぶつ……。