マイナス25点の補足説明

オリンパス・E-420+ZUIKO DIGITAL 25mmF2.8
 E-420は総合得点75点。マイナス25点。その理由はカメラの操作が煩雑で非常に難しいからだ、ということを述べた。これについて多少、誤解を招いたようで ―― E-420を使っているがナニも難しくはない、むしろわかりやすくて使いやすいカメラだ、とのメールを頂いた ―― そこで、補足説明。
 そもそも、モノを単純に「点数」で評価するという手法がイカンですね。別段、深い意図も意味もなかったんだけど、これは反省。ただ、点数で「断定的」に表現したほうがわかりやすいところもなきにしもあらず、というのも事実なんですけれど。

 E-420に限らず最近のカメラはどれも、箱から出して電池を装填してそのままの標準設定で撮影しているぶんには、タイヘンに使いやすい。難しいところなどまったく感じないはずだ。初期設定では、誰でもが失敗なく簡単に写せるように、そんなふうに作ってあるからだ。
 そのことは、高級機種のキヤノン・EOS-1Ds Mark IIIでもニコン・D3でも、初心者向けのEOS Kiss X2でもD60でも、そしてこのE-420でもまったく同じである。搭載されている撮影機能についても、プロ用の高級機種も初心者用の低価格機種も基本的には「大差」はない。プロ用の機種だから超多機能で、初心者用の機種だからシンプル機能にしてある、といったようなカメラは、いまのデジタル一眼レフカメラではほとんどお目にかかれない。むしろ、初心者用のカメラのほうが機能が豊富で多彩であることさえある。E-420もそうだ。


 たとえばE-420と同じオリンパスの最高機種であるE-3を、撮影機能だけを比べてみたとき、ほとんど互角か、いやE-420のほうが機能的には上をいっていると感じるところもなくもない。超多機能なE-420ではあるが、備わっているあれこの機能を活用せずに、ほとんど標準設定のまま使うぶんには、まるでコンパクトデジタルカメラのように簡単に容易にわかりやすく使いこなせる。
 ところが ―― ここがかんじん ―― 一歩二歩、カメラの中に入り込んで備わっている機能を活用しようとすると、とたんに混沌の世界に迷い込んでしまうような(ちょっと大袈裟か)、E-420にそんな印象を受けたわけです。

 ライブビューモードで対応レンズと非対応レンズを使い分けたときのAF測距方法やシークエンスの複雑さ。Fnボタンとドライブモードボタンにショートカット機能を持たせたときの使い方。仕上がりモードの設定がスーパーコンパネ表示とメニュー画面から選ぶときのGUIが異なること。RAWモードで撮影したときにカメラ内の画像編集をどのように使えばいいのか。などなど、これらはほんの一部だけれど、ぼくには、とっても難しく感じたわけだ。
 その点、EOS Kiss X2など、憎いほど、わかりやすくできている。D60も、多機能だけどよく整理整頓されている。ペンタックスのK200Dも操作性が良く使いやすい。これらのカメラは、機能を活用しようとカメラの中に入り込んでも、迷ったり悩んだりすることが少ない。

 というようなことを軸にして考えてみると、どうしても「マイナス25点」になっちゃったわけです。「25点」の数字に論理的な理屈はないです、イメージです。
 ちょっとしたことだと思う。ほんの少し、ユーザーの使い勝手のことを考えてインターフェースを工夫してくれれば、E-420は、もっともっと素晴らしいカメラに仕上がっていたと思う。オリンパスに今後の改善を希望しての「マイナス25点」と思ってください。僭越ですけど。