CITROEN DS21 Pallas

キヤノン・EOS Kiss F + EF-S 55?250mmF4?5.6 IS
 EOS Kiss Fの発売は日本とアジア、そしてヨーロッパだけでアメリカはいまのところ発売が未定。なぜ、アメリカで売らないのだろうか。このへんがとても興味深い。いずれ時期がきたらアメリカでも売るだろうけれど、あれだけの大きな市場を、さておいて、というのが不思議な感じもしないでもない。
 円高のせいだという人もいれば(相当に低価格で輸出しなければならない)、国内のシェアを、とにもかくにもニコンから奪うことが第一目的だからという人もいる(今年のキヤノンは国内シェアについては“首位奪還”のためになりふりかまわずなのだ)。いっぽうでは、Kiss X2のせっかくの売れる市場をこのFで“喰いあう”んじゃないのかと心配する人(や、楽しみにする人)など、いやはやなにかと話題のカメラですね。


 まだ発売前だけど ―― 今月末の予定 ―― 発表した時には、キヤノンが希望する販売価格が「7万円前後」ということらしい。でも、使ってみた印象では、そりゃあちょっと高い(ように感じた)。たぶん、実販価格は早々にボディが5万円半ばに、標準ズームキットが6万円半ばぐらいに落ち着くのではなかろうか(見方がアマいかな…)。

 Kiss Fのカメラとしての性能や使い勝手、機能がどうのこうのだから、“7万円は高い”と思ったわけではない。Kiss FはKiss X2に負けずとも劣らぬほど良くできている。ごくごくふつーに使っている限りでは、性能的には不満などかけらも感じさせない。備わっている機能も必要にして充分。ところが、ナニかが足りないのだ。
 うーんなんと言えばいいのかなあ、Kiss Fで写真を撮っていても、もうひとつ、わくわくどきどきしないのだ。備わっているあれこれの機能を活用し、チャレンジして写してみようという気持ちにも、あまりならない。当然だけど、撮った写真を見ても、「おおっ、こんなふうに写っていたのか」といった驚きは皆無。ふーんっ、あ、そう、といった感じをよくする。
 なんでだろうか、と、つらつら考えてみたら、「プラスアルファの魅力」が乏しい(ない)からではないかと。これからの、とくに低価格のデジタル一眼は機能、性能一辺倒、ではだめで、機能や性能とは別次元の、もうひとつの「プラスアルファの魅力」が盛り込まれていないと値頃感として高く感じてしまうんではないだろうか。ウマく言えないけれど…。