ファインダー視野率95%

ニコン・D700 + AiAF 85mmF1.8
 D700の不満点は3つ。他に不満は、これといってない。不満点は「たった3つだけ」と言ってもよい。いずれもD700のカメラとして機構的決定的な「欠点」というものではなく、ま、言ってみれば、感覚的こだわり、のようなものかな。オタク的不満。
 1つめ、視野率が95%であること。なぜ視野率が95%になってしまったのか、その理由を聞けば「しょうがないかなあ…」とは思わぬもないけれど ―― 95%になってしまったのがなぜだかわかりますか ―― いや、しかし30万円を越える価格のカメラで95%というのは残念なのだ。100%、とまでは言わぬまでもせめて97%は欲しかった。
 2つめ、シャッター音とその感触がイマイチであること。ニコンのカメラの大きな特長は、ムカシのフィルムカメラからそうなんだがシャッターを切ったときの感触がすこぶる良いことだ。そのシャッター感触や音を聞いただけで「撮ったぞっ」と確信が持てた。ところがD700のそれは ―― そうしたニコンの「レベル」としては ―― ややガサついた“音と振動”で、D3からは相当に劣る印象だしD300と比べてもちょっと安っぽい感じがする。3つめ、スライド式のメモリーカードカバーの操作感がちょっと安っぽいこと。D300のようにロック式のカバーにしろとは言わないが、もう少しね、堅牢な感じのスライドカバーに仕上げて欲しかった。D700をグリップしているときに一度だけだけど、(ぼくの持ち方が悪かったのかもしれぬが)半開きになったことがあった。


 こうした「欠点」を述べると、そのことだけを取り上げて、なーんだD700ってその程度のカメラなのか、と短絡的思考をするような人はいないでしょうね。違いますよ。D700は総体的総合的に見ればD300を二つ三つは優に越えた実力と機能を備えた、じつによくできたカメラといえるだろう。

 しばらく使っているうちに、シャッター感触もメモリーカードカバーも慣れてしまって、あまり気にならなくなったけれど ―― すぐにカメラに馴染んでしまうのがぼくの特性 ―― しかし視野率95%だけは、いまだに不満と戸惑いを感じることがある。
 この写真は六本木にある国立新美術館(ここの地下にあるショップは愉しいぞ)、その3階から1階のフロアーを見下ろしたものなんだけど、ファインダーをよく確認してきちんとフレーミグしたつもりだったのに、撮ったあとにモニターを確認したら画面左側や右下に人の足が写り込んでいたりしてがっかり。D700のファインダーは四隅までゆったりよく見えるから(だから、フルサイズ判カメラが良いのだ)、ついついじっくり四隅まで見てフレーミングしてしまう。だから余計に95%の「落差」を感じてしまうということなのかもしれない。D3やD300ではあまりやらなかった撮影後の液晶画面での再確認を、D700では頻繁に、子細にやるようになった。