EOS 5Dの“後継”はもっと先かも…

キヤノン・EOS 5D + SIGMA APO120?400mmF4.5?5.6DG OS HSM
 たぶん今月発表されるだろうキヤノンの新製品は、5Dの“後継”ではなくて他の機種の“後継”らしいという話もある。5Dの後継機種はもう少し先だというのだ。
 ぼくとしては、5Dの後継機種が出てくることを大いに期待して楽しみにしているのだが ―― 現行EOSのシリーズの中で5DのメニューのGUIだけが古いままだったり液晶モニターの視認性がめちぇくちゃ悪かったりライブビューができなかったりで、そのへんをなんとかして欲しいし、5D後継機でキヤノンがどんなテを打ってくるのかなあとのわくわくした気持ちがあるからだ。「どの機種の後継か」は楽しみにしてましょう…ということで。
 でも本音を言えば、カメラやレンズの次期新製品については、ぼくはべつにそれほどのこだわりはない。近々カメラを買い換えなくちゃならないという状況でもないし、新製品が発表になる前にオークションで高値で売り飛ばしたいという予定も望みもまったくないし(そうした予定のある人は気になるでしょうが)、そんなことより、ぼくとしては明日の天気のほうがずっと気にかかる、昨日も東京は大雨だったしねえ。


 キヤノンの「EF100?400mmF4.5?5.6 L IS 」ズームレンズはぼくの数少ない“愛用レンズ”の一本だ。いまでは珍しくなった直進ズームで、その操作性も好きだしホールディングのバランスも良いし、なによりも描写性能が良いのが気に入って使っている。ズーム全域にわたったじつに切れ味が良い。その愛用レンズとほとんど同じスペックで(でも価格は半額近い)、シグマから120?400mmが発売されて興味津々。
 というわけで使ってみたわけだが、キヤノンの100?400mmにとは大きさ重さはほとんど同じ。ズーミング方式が違って、やはり使い慣れたキヤノンのほうがぼくは好き。かんじんの描写性能はキヤノンのほうが良かった。価格のことを考えるとしょうがないのか。キヤノン100?400mmはズーム全域にわたって開放絞り値でも切れ味、ヌケの良さ、などで勝っていた。ぼくが使ったシグマの120?400mmが、たまたま“不調”だったのかもしれず、そのへんはよくわからん。今度、シグマに聞いておきますね。

 六本木のど真ん中のヘリポート。我が事務所のすぐそばに米軍の基地がある。ぼくは“空ちゃん”でも“軍ちゃん”でもないのでこうした航空機についてもなーんにも知らない。そういえば、9・11のあとなどはこの周辺は相当ピリピリした雰囲気が漂っていたんだけど、いまは(表面的には)のんびりしています。たまたま持っていた120?400mmを構えて金網越しにスナップ。軍用ヘリは騒々しいんだよね、ぱたぱたぱたぱた騒音をまき散らす。事務所の中にいても、飛んでくるコースによっては、ほんとウルサい。