目黒区の毛沢東

ペンタックス・Optio W60
 目黒区のとあるラテン系ショップのショーウインドウに飾ってあった大きな毛沢東の肖像画。でも、そのお店の扱っているラテン系グッズと毛沢東とはぜーんぜん結びつかないうえに、めっちゃくちゃ、ヘタな絵でした。目黒区で孤立無援の毛沢東…。

 毛沢東とはまったくかんけいないが、ここ数年間ペンタックスのコンパクトカメラは元気がなかった。他社のあちこちで小型薄型機に高倍率ズームを搭載した機種が出ている中、ずーーっとほとんど3倍ズーム機種ばかりだった。一部の光学系をレンズ収納時に待避させて小型薄型のズームレンズをいちはやく開発し製品化したメーカーであるのに、他社にばかり“レンズ奉仕”して、自社のカメラをなおざりにしていた(そうせざるを得ない深い理由があったのだろうけど)。カメラのデザインも地味すぎた。いままで何度か率先して将来性のあるカメラも作ってきたのに、“諸般の事情”であっさり中断してしまっていた。


 とっても良くできたタッチパネル方式のカメラ ―― Optio T10とT20 ―― を、いちはやく製品化していながら、「売れない」という理由であっさりとやめちゃった(とくにT20のデキはとても良かったのに)。やめちゃったとたんにiPodが出てきてタッチパネル方式がこれからブームになりそうで、ペンタックスファンとしては、ほんと歯痒いよなあ、ぶつぶつ、645デジタルだってそうじゃないか、ぶつぶつ。
 ペンタックスは他社にはない、いいアイディアと技術力と資産を持っているんだから、もう、ほんの少しアグレッシブであれば(とくにデザイン、ね)、もっともっと良くなると思うんで、今後の商品展開に期待しております。。

 アグレッシブと言えばニコンだ。驚いたのは今秋発売のコンパクトで、どれもこれもがじつにアグレッシブで「おおっ」と注目してしまった。ニコン初のタッチパネル式があったり1450万画素カメラがあったりハイビジョン対応であったり、中でもP6000だ。GPS内蔵は予想通りだったけど、有線LANのコネクターを内蔵させて(無線じゃない!)オンコードでカメラをLAN接続させるという、その“柔軟”な発想に驚かされた。有線LANだからできることがいろいろとありそうだ。