D700の視野率95% ―― その2

ニコン・D700 + TAMRON 28?300mmF3.5?6.3 VC
 撮像センサーのピント面の前には、水平と垂直分離のための2枚のローパスフィルターや赤外カットフィルター、保護ガラスなどが、それぞれは大変に薄いものだけれど数枚重ね合わさっている。これはD700のフルサイズ判撮像センサーに限ったことではない。その撮像センサーがシャッターにぶつかるからといって、“フランジバック不変の原則”があるからして、それを後方にズラすなんてこともできない。
 デジタル一眼レフカメラはこのようにごく狭いスペースしかないシャッターと撮像センサーの間に無理矢理、ブ厚い撮像センサーをねじ込み、さらにイメージセンサークリーニング機構を組み込んだ。

 D700のイメージセンサークリーニング機構は、ローパスフィルターを高周波振動させ付着したゴミやほこりをふるい落とす方式。よってローパスフィルターだけを振動させるためには、いままで撮像面に密着させていたローパスフィルターを“分離”する必要がある。


 ローパスフィルターを撮像センサーから“剥がして”、そこに高周波振動装置をセットすると、それでなくてもぎりぎりのスペースに押し込んでいるのに、これではどんなことをしてもシャッターにぶつかってしまう。シャッターとイメージセンサークリーニング機構と撮像センサーが互いにぶつからないようにするには、シャッターユニットを前面に押し出してスペースを確保するしか方策はない。そうです、D700はそれをやった。
 ところが、シャッターユニットを前に押し出すと、さて、どんな問題が起こってくるでしょうか…。

 シャッターユニットが前に移動すると、今度はミラーが邪魔になってくる。じゃぁぶつからないようにミラーを前に出せば、と考えるかもしれない。しかしそれではフランジバックが変化してしまう。前も後も、文字通りにっちもさっちもいかない。
 じゃあどうするか。ミラーを小さくするしか策はない。でも、ミラーを小さくすると…。