D700の視野率95% ―― その3

ニコン・D700 + AF-S VR 70?300mmF4.5?5.6G
 ミラーを小さくすると…どうなるか。そうです、視野率を下げざるを得ない。
 同じ方式のイメージセンサークリーニング機構を採用するD300は、APS-Cサイズデジタル一眼レフであるから、もともとミラーは小型ですむ。だからフランジバック内の機構の配置にも“余裕”がある。シャッターユニットを前方に少しズラすこともできる。だから(比較的にだけど)容易に視野率100%を達成しつつ、イメージセンサークリーニング機構を搭載することができたわけだ ―― 視野率100%の製造上の難易度はめちゃくちゃ高い。

 こうしてD700は視野率を低く(95%)にとどめた“おかげ”で、ペンタプリズムを小さくすることができた。ストロボを内蔵させてもボディサイズがそれほど大きくならない。決して、「D700を小型軽量化するために視野率を95%にとどめた」わけではない。もしニコンの誰かがそう言っているとすれば、そんなのウソもいいとこ。
 ウソ、とは言い過ぎだけど、でももし仮に、D700が小型軽量化なカメラだと言い張るならば ―― とても小型で軽量なデジタル一眼とは思えないけれど ―― それは視野率を95%にせざるを得なくて、結果的にそうなっただけだと思う。


 さて、ここまでのぼくの(想像による)D700視野率95%の(いい加減な)説明をしたわけだが、ぼくが言いたかったことのひとつは、そう、「キヤノンのEOS-1Ds Mark IIIはどうなんだ?」ということ。キヤノンはがんばっておるじゃないか、と、そこが言いたかったのだ。
 ニコン一眼レフのフランジバックは46.5mmなのに対して、キヤノンのそれはもっとも短い44.0mmである。つまりフランジバックだけを見てみれば、カメラボディ内のメカの配置についてはキヤノンよりニコンのほうが“余裕”があるはず。にもかかわらず、1Ds Mark IIIのゴミ取り(セルフクリーニングセンサーユニット)は撮像センサーの前にある赤外吸収ガラスを高周波振動させる方式にしている。D700はローパスフィルター、1Ds Mark IIIは赤外吸収ガラスの違いはあるにしても、基本的構造も必要となるスペースもそれほど違わないはずだ。
 でも、1Ds Mark IIIは視野率100%だ。セルフクリーニングセンサーの機構も搭載している。

 なぜキヤノンにできてニコンにできないのか、そのへんの事情はぼくにはよくわからない。マウント径の大きさのおかげか(キヤノンのほうがだいぶ大きい)バックフォーカスのせいか、あるいは1Ds Mark IIIには水晶タイプの厚いローパスフィルターではなく極薄のニオブ酸リチュウムのそれを使っているからかもしれないが、ま、それはともかくとして、実際に1Ds Mark IIIでは視野率100%でゴミ取り機構も内蔵しているのだ。キヤノンはエラいではないか。D3は視野率100%だけどゴミ取り機構がない。ゴミ取り機構のあるD700は視野率95%だ。ニコンにはもっとがんばって欲しい…。
 まだ、視野率のハナシ、続きそう…。