D700の視野率95% ―― その4

ニコン・D700 + AF-S VR 70?300mmF4.5?5.6G
 昨日のつづき、キヤノン・EOS-1Ds Mark IIIの優れているところのハナシ。

 1Ds Mark IIIは、ゴミ取り機構を内蔵ながら視野率100%であるだけでなく、ファインダー倍率とアイポイント長にも注目したい。視野率100%のD3(こちらはゴミ取り機構なし)のファインダー倍率は「0.7倍」、アイポイント長は「18mm」である。視野率95%のD700のファインダー倍率は「0.72倍」、アイポイント長は「18mm」だ。
 対して1Ds Mark IIIはといえば、ファインダー倍率は「0.76倍」、アイポイント長は「20mm」である。くどいようだが1Ds Mark IIIは視野率100%。ファインダー倍率やアイポイント長は数値的にはわずかの違いだけど、文句なしにファインダーは1Ds Mark IIIのほうが“見やすい”。というわけで、ニコンはファインダーまわりのあれこれを、もう少し向上させるべきだし、その努力を惜しまないで欲しいというのが、えんえんとD700視野率95%のハナシをして言いたかったことのもうひとつのこと。

 ところで「ニコンの視野率100%」について、以下のような見方をされる人が結構、いらっしゃるようだ。視野率100%はフラッグシップ機種にとっては「絶対条件」で、とくにニコンの場合はそうだ。視野率100%でないニコンの一眼レフは、フラッグシップ機とは決して言わない、ともいうのだ。確かに、そうかもしれない。いままでのニコンのフラッグシップ機はすべて視野率100%だった(ただしD1だけは98%)。
 で、ほんとにそうなの? と、ニコンのとある開発の責任者に聞いたら、「いいえ、べつに、そんなキマリはニコンにはないですけどねえ…」という答え。じゃあフラッグシップでないカメラでも視野率100%ってのもありなの?。すると、「ええ、もちろん、やりたいですねえ」と話をしてました。


 視野率100%はカメラのグレードにかかわらず、フィルム、デジタルにかかわらず、一眼レフカメラにとっては必要な条件だと思う(レンジファインダーカメラはそのヘンの感覚がちょっと違う、ウマく説明することが難しい)。
 しかし、製造上の技術的な課題などがあって(むろんコストもかかる)、コストと手間をかけてもそれが吸収できる一部の機種にしか採用できない。だから ―― 以下想像だけど ―― かりにD700が、コストがかかってもよい、カメラが大きく重くなってもいい、開発期間をもう少し先延ばししてもよい、ということなら、たぶん視野率100%も不可能ではなかったのではないかと思う。
 少なくとも視野率98?97%ぐらいにはできただろう。いまのニコンはフランジバックの制限などがんばれば解決できるほどのそれくらいの技術力は持っている(はず)。でもD700は発売のタイミングや価格があらかじめ決まっているからそんなことできる余裕がない。それと、D700が視野率に(たぶん)それほどこだわらなかった大きな理由が、もうひとつ別にあるように思う…。