秋モデルのコンパクトカメラではイチバンの注目機種

キヤノン・PowerShot E1
 新しいコンセプトで開発されたキヤノンのコンパクトカメラ。新シリーズだ。このところやや低迷しているコンパクトカメラ市場に一石を投じ、新しい需要を喚起しようとするキヤノンの ―― キヤノンにしてはとても珍しいが ―― 冒険的意気込みが感じられる機種でもある。ぼくとしては大変に注目している。ファーストインプレッションは、見て触れただけでもこのうえなく素晴らしいものだった。使ってみても好々印象。持って良し、撮って良し。こうした“カメラ”が欲しかったんだよなあ…。
 特長はそのデザインすべてと、カメラのパッケージ(化粧箱)と、価格。外観は丸みのある柔らかなスタイルで、いっけんするとネオクラシックふうで“古くさい”と感じたり、トイカメラ(おもちゃカメラ)ふうの外観から“安っぽい”との印象をうけるかもしれないが、いいやとんでもない、手にしてみるとコレがじつに良くできていて重さといい感触といい、すこぶるよろしく、チープな感じはまったくなくスマートである。仕上げも良い。


 E1のベースとなっているのは同時期に発表されたPowerShot A1000 ISである。1000万画素CCD、IS内蔵の35?140mm相当の4倍ズームレンズ、11.5万ドットの2.5型液晶モニター、バッテリーは単3型乾電池2本で、その中身のスペックはまったく同じ。価格は約2万円弱。スペックと価格を見ればコストパフォーマンスは相当に高い。いまのコンパクトカメラが売れ筋価格帯の約50%近くが2万?3万円クラスが占めていることを考えれば、激戦区ではあるが価格についてもなかなかイイところをついてきていると思う。
 E1のカメラパッケージ、つまり化粧箱も、従来機種とは違って相当にしゃれたツクリにしている。いままでのキヤノンの、あのそっけない化粧箱とは大いに印象が異なる。そのしゃれた化粧箱に、リボンなどでちょいと飾って「プレゼントにどうぞ」という使い方もして欲しいとキヤノンは望んでデザインしたらしい。おもしろいじゃないか、そのアイディアも。
 RICOHのR10の「よさ」とは別次元の「よさ」がE1にはあって、コンパクトデジタルカメラがこうして各種さまざま個性を発揮しはじめてきているのがうれしい。