T77とT700

ソニー・Cyber-Shot T700
 先日、T77を使って、予想以上のその内蔵レンズの良さと画質の良さにちょいと驚いた。T77は超薄型とタッチパネル操作が特長なのだが、いや確かにすごい薄さのカメラで仕上げもいいんだけど、しかしタッチパネル操作のGUIなどがぜーんぜんダメ。とにかくちょっと使ってみればすぐにわかると思うけどめちゃくちゃ使いづらい。タッチパネル操作の“直感スピーディーさ”をまったく無視しているし(ソニーらしくないよなあ)、ちょっとメニューの奥に入ってしまうと、まるで蜂の巣の中の蟻地獄に迷い込んだような気持ちになる。
 でも、レンズは良い。画質も良い。超薄型ボディも良い。手ブレ補正もあるのだが、うーん実に残念ですが、操作性がいまいちだし、さすがソニーだっ、といった「プラスワン」の魅力的な機能もないし、だから、使っていて(ぼくは)すぐに飽きてしまった…。


 というわけで、T77の「上位機種」であるT700を期待をして使ってみた。内蔵レンズは同じ4倍の屈曲型で光学式手ブレ補正機構付き。撮像素子も同じで有効画素数が1010万画素。おもな違いは、液晶画面がT77が3型ワイドなのに対してT700が3.5型ワイド、カメラ内蔵メモリーがT77が約15MBしかないがT700は約3.7GBもある。カメラサイズがわずかにT700のほうが大きい。カメラの外観デザインは(好みだけで言えば)T700のほうが好き。でも、たぶん専門家が見れば薄型であることやスライドカバーの仕組みなどでT77のほうを評価するんではないか。
 レンズも同じ、画像の処理なども(たぶん)同じはず。液晶モニターのサイズは異なるがタッチパネル式の操作系はまったく同じ。撮影した結果も(予想通り)ほとんど同じ。T700も良く写る。ただ、使い勝手という点では、T77よりもT700のほうが良かったですね。両機種のいまの価格差は5千円ぐらいのようだけど、使った印象では“5千円以上”の差があるように感じました。どちらかに迷っているならT700でしょうね。