ISO25600

キヤノン・EOS 5D Mk2 + TAMRON 28?300mmF3.5?6.3 VC
 最高ISO感度はISO25600。感度拡張モードの「H2」ではあるがISO25600相当で写すことができる。ニコンD3もD700も同じく感度拡張をしてISO25600(H2.0 )を選ぶことができる。D3でははじめてISO25600で撮れるようになってそれに驚いたのもつかの間、あっけなくキヤノンが5D Mk2で同じにした。常用ISO感度はD3、D700がISO200?ISO6400で、5D Mk2がISO100?ISO6400。D3、D700がISO200からではあるが感度拡張をONにすればISO100まで広げることはできるが、ならばと5D Mk2も、感度拡張をONにすればISO50を選ぶことができる。まさに丁々発止。

 D3は1210万画素、5D Mk2は2110万画素。D3、D700がISO25600もの超高感度を可能にした理由の1つとして、フルサイズながら画素数をそこそこに抑え、フォトセンサーサイズを確保したからだということだった。ところが5D Mk2は2000万画素を越える高画素でISO25600にした。どちらもほぼ同じサイズの撮像センサーだから、いわゆる画素ピッチだけで比べれば ―― ぼくは詳細はわからないけれど単純に計算したからといって画素ピッチサイズを算出できるものではないらしい、転送回路部をどれくらいの“太さ”にするかどうか、オンチップのマイクロレンズがどうか、によって実質的な受光面積や受光量が違ってくるというわけだ ―― ということはともかくとして、5D Mk2のほうがフォトセンサーサイズが小さいはずだが最高ISO感度をISO25600までにしている。


 では高ISO感度時の画質はいったいどーなのよ、という疑問はとーぜん抱きますよね。D700と比べてみたら、こまごましたことは省略するけれど「ほぼ同等」、わずかにD700のほうが良いかなあといった感じでした。どちらも相当にノイジーになる。使えるか、と言われればケースバイケース。でも写らないより写る方が良いに決まっている。
 俗に言う縦ノイズが目立つ。そして5D Mk2は ―― これはキヤノンのデジタルカメラの高ISO感度画像の特徴でもあるけれど色ノイズが相当に目立つ傾向があるのだがそれが同じように見られる。それにしてもすごいよなあと思う。高画素化するとだめだだめだといっていた観念論主義の人、ここに出てきなさい。
 ただし、1つ、いま使っている5D Mk2はβ版で、それも相当に初期のもののようで(だいぶ前から借りている)、とくに高ISO感度画質については製品化の最後の追い込みで相当によくなる可能性もある。2つ、ほぼ同等と判断した画像は、5D Mk2もD700もノイズリダクション処理機能をOFFにして撮影しているもの。つまりノイズリダクションの処理がうまいかどうかを除外しての比較。むろんノイズリダクション機能をあれこれ試して撮り比べているけれど、その結果の報告は、めんどくさいからやめ。興味のある人気になる人は自分で確かめてちょうだい。

 いっときますけどね、デジタルカメラはややもすると“高感度の画質にだけ”に注目されがちだけど、そうじゃないですよ、評価パラメータの1つに過ぎないですよ。