西出雲駅、露光時間1秒手持ち撮影

キヤノン・PowerShot G10
 画質は“そこそこ”の良さだと思う。レンズが良いせいもあるし撮像センサーが良いせいもあるだろうしDIGIC4ががんばっているせいもあるだろう。G10が使用している1/1.7型CCD(たぶんソニー製)は、もともと素性のよいCCDだとの評判のセンサー。ただし画質は良いとはいったけれど、5万数千円もするコンパクトカメラのことを考えると、高ISO感度での画質は、ま、そこそこ、と、少し厳しい見方をしてしまう。低ISO感度も ―― 重箱の隅をつつくような見方をすればのハナシだが ―― モロテを挙げて良いとは言い難く、ぼくはあまり好きな画質ではありませんでしたね。そうれはそうと、せっかくのDIGIC4採用なのに、どうしてデジタル一眼のようにノイズ低減のON/OFF、強弱が調整できる機能を搭載しなかったんだろうか…。
 実用許容範囲は、撮影条件にもよるがせいぜいISO400ぐらいかな。ISO800になるとやや苦しくなりISO1600はオマケと考えておいたほうがいいだろう。言うまでもないことだがデジタル一眼のISO800やISO1600の画質とは相当に違う。とはいえ、ISO100あたりや光がたっぷりあるような好条件で撮ってるぶんにはなんの不満も感じさせない高画質だ。


 ノイズがやや目立つ高ISO感度で撮影するときの注意点がひとつある。それはこんどのキヤノンのおもなコンパクトカメラに新しく搭載された「暗部調整」モードだが、これはOFFにしておいたほうがいい。暗部調整とはシャドー部だけを少し“持ち上げて”明るくし黒ツブレを防止するというもの。他のメーカーでは(とくに一眼レフでは)すでにこうした機能を取り入れているメーカーも多い。しかし、キヤノンの暗部調整機能は他のメーカーのものに比べると(後発にもかかわらず)決してウマいとはいえず、その処理はやや荒っぽい感じもしないでもない。使ってみてそこも少し残念だった。ノイズ低減機能もそうだけど同じようにDIGIC4を採用しているのに、コンパクトカメラのほうは暗部調整(機能はシンプル)、デジタル一眼のほうはオートライティングオプティマイザ(機能は高度で複雑)、となっているのもちょっと不思議。

 さて、この暗部調整を高ISO感度でONにしておくと、とくにシャドー部でノイズが相当に目立ってしまう。だから、もしISO400以上で撮影するようなときには暗部調整はできるだけONにして撮影しないほうがいいでしょう。手ブレ補正はよく効くのでそれを利用してできるだけ高ISO感度の撮影を避けるというのも方法の1つかな。