ドシロート…

ニコン・D3X + AF-S 24?70mmF2.8G
 うん、昨日の「ドシロートうんぬん」については言い過ぎでしたね、反省、ごめん。
 どんどん、遠慮なくニコンに「D3Xは高すぎるぞぉ」と言ってやって欲しい。ぼくの本意は、たぶんニコンは聞く耳を持たんでしょうね、残念ながら、という意味だったんだけどね。

 というのも、D3Xほどプロ用、業務用をはっきりと目標にしたカメラは、最近ではそうそうはないと思っていたからだ。一般のアマチュア向けのユースを少しでも考えていれば、いまの時代、いくらなんでも「90万円」は高すぎる。趣味で写真を撮るものにとっては、がんばってもそうそう手が出せるものではない。
 でも、一部のプロは、こうしたカメラを熱望していたわけで、そういうプロに対して作ったのがD3X。ニコンの意地です。D3Xが向いている先が、他のカメラとははっきりと違うということ。ここが大切。外観を見ると、ごくフツーのデジタル一眼だから、だから、そのへんのところを“見間違って”しまうんではないかなあ。


 扱いやすいD3をベースにしたカメラで、2450万画素の高画素を愉しみたい。それを使って、友人たちとはちょっと違った写真を撮ってハナをあかしてやりたい、と夢見ていた“シロート”の人たちにとっては、確かに90万円の価格は「べらぼうめっ」だったと思う。だから、ぜひ、オレたにちも買えるような価格のD3Xにすべきだぞ、高すぎるぞ、とニコンにがしがし文句を言ってやったらいい。聞く耳を持たないニコンが、“シロート”の強い要望を受けて少し安くした機種をだせば、買ってくれるかな、と思えば作るかもしれません。 ―― ただしそれなりの性能ですよ、D3Xとはだいぶ違うことは覚悟しなきゃいけないでしょうね。

 もう1つ ―― 余計なひと言で、やぶ蛇になるかもしれないけど ―― ごくフツーの人たちが90万円のD3Xを使って撮っても、5万円のD40を使って撮っても、その写真の「出来映え」はそうたいした違いはないだろうということ。しかしながら、高い撮影技術と設備をととのえ、とことん仕上がりの良さにこだわるプロやプロの世界なら、D3XとD40とでは出来映えも“なに”も、ぜんぜん別だ。ま、そういうことです。