アートフィルター(デイドリーム)

オリンパス・E-30 + ZUIKO DIGITAL14?54mmF2.8?3.5 II
 アートフィルターは大変におもしろい愉しい撮影機能だとぼくは感心しまくっているけれど、じゃあそこんことろをわかりやすくキチンと解説せよ、と言われると、うーむ困るのだ難しいのだ。「E-30を使って実際にナンでもいいから撮ってみなさいよ、きっと、こりゃおもしろい、と思うはずです」と、しか言えない。感覚的ですまんですが。
 E-30を使うたびに、なんとかうまくコトバで説明ができないもんだろうか、といつも考えてはいるんだけど、結局ノーアイディア。

 アートフィルターを選んでライブビューモードにすると、そのアートフィルターで撮ったらこうなるぞというプレビュー画面を見ることができる。もちろん実際に撮ってE-30内で処理してできあがった画像とは微妙に違うんだけど、ま、目安としてはとっても便利。露出補正したりホワイトバランスを変えたりすれば、それもリアルタイムでプレビューできる。だから撮るときはもっぱらライブビューモード。ファインダーを覗いてアートフィルター撮影することはない。


 何度も言ってくどいけれど、このアートフィルターは通常画像で撮っておいてから、のちほど画像を処理することはいっさいできない。事前に仕上がりの調子をコントロールすることもできない。タマは1つしかない決め撃ち。失敗すればそれっきり。もし安全を見越してフィルター効果をOFFにした画像も同時に欲しいのであれば、RAW+JPEGで撮影しておくしかない。そのRAWを現像すればOFF画像ができあがる。
 そして、またまたくどいが、そのRAWを現像するときにカメラ内のアートフィルターと同じ処理をすることはできない。そんなサービスをする気はさらさらない。ゴーマンなのだ、オリンパスは。いや…だからぼくが、このE-30のアートフィルターにおもしろいなあと感じているのかもしれないが、実はよくわからん…。

 事前に画像を調整できることといえば露出補正かホワイトバランスしかない。ぼくは、当初はオリンパスのゴーマンにそのまま従ってアートフィルター撮影をしていたが、あるとき、おっ露出補正ができるじゃないかホワイトバランスが変えられるじゃないか、という初歩的な事実に気づいてから、アートフィルター撮影がいっそうおもしろくなった。