アートフィルター(ファンタジックフォーカス)

オリンパス・E-30 + ZUIKO DIGITAL14?54mmF2.8?3.5 II
 アートフィルターの種類とその効果はE-30のカタログを見るとだいたいのことはわかる。そういえば、そのE-30のカタログはちょいと必見です。20ページぐらいの、そのうちの半分近くがアートフィルターの作例でうまっている。E-30の他の機能解説はオマケ程度。
 必見、と言ったのはそのカタログがリリー・フランキーさん、宮崎あおいさんの二人の、なにか意味ありげなストーリーで構成されていること。ありきたりなカメラカタログとは、たいそう違う。ページを開くと、その冒頭、リリー・フランキーさんが一人暮らししている家に、宮崎あおいさんが大きな旅行カバンを持って尋ねてくるという設定で始まる。お父さんと娘なのかおじさんと姪なのか、はたまた…、と二人の“関係”を詮索したくなる写真がつぎつぎ出てきて ―― そのすべてがアートフィルターで撮ったもの ―― いやあ、これもまた愉しめました。

 撮影画像のアスペクト比が、なんと9種類も変更可能。「4:3」や「3:2」や「7:6」や「5:4」やあれやこれや、なんともはや、こちらのほうはオリンパスらしくユーザーを混乱させる(いや、悩ませる)仕様だ。


 アートフィルターは6種類ある。ポップアート(POP ART) ―― 彩度とコントラストなどを相当に強めにしてある。仕上がりが意外性もあっておもしろい。シーンによっては露出アンダー、ホワイトバランス変更するのもよい。
 デイドリーム(DAY DREAM) ―― 女性が好みそうないまハヤリの色調で、彩度とコントラストが低くフラット。期限切れのフィルムで撮ったような画像だが、ぴたりとハマるシーンもある。わずかプラス露出補正で撮ると雰囲気が出る。ホワイトバランスは変更しない方がよろしい。
 ライトトーン(LIGHT TONE) ―― 6種類の中ではいちばん平凡な印象を受けるかもしれない。シャドー部とハイライト部の描写が活きてくるのでハイコントラストなシーンで撮るといいかも。
 ファンタジックフォーカス(FANTASIC FOCUS) ―― ソフトフォーカスなんだけど、これもまた彩度とコントラストを少し低めにしている。ポートレートだけでなく風景、とくに街角スナップなどに使ってもおもしろい。ホワイトバランスを変更してみるのもあり。
 ラフモノクローム(ROUGH MONOCHROME) ―― ハイコントラスト、粗粒子ふうの白黒写真。シャドー部がちょっとツブれすぎる気もしないでもない。少しオーバー露出で撮ってみるといいときもあり。
 トイフォト(TOY PHOTO) ―― 画面四隅が光量不足に画像加工される。少しシャープネスが強すぎる印象あり。ぼくの利用頻度がもっとも少なかったモード。使ってるうちにこれはたぶんすぐに飽きると思う。アスペクト比を変更しても、撮った画像の四隅光量が きちんと落ちるのには感心。