E-620とマイクロフォーサーズ

オリンパス・E-620 + ZUIKO DIGITAL 14?54mmF2.8?3.5
 カメラ全体の印象がやや地味なこと、おっ、と注目するような“華”となる機能や機構がないこと、E-30の発売から近すぎたこと、マイクロフォーサーズのカメラの発表が間近であることなどがE-620を少し「不幸」にしているようだ。しかし、デジタル一眼レフカメラとしてのトータルバランスはEシリーズの中ではトップだと思う。ボディは小型で、撮影機能は満載。AFも手ブレ補正も優秀だし ―― ただし手ブレ補正については「動くもの」に対して少し苦手なところもあってこれは要改善 ―― 通常の使い方をしていれば、ほとんど不満を感じない。じつに気持ちよく写真が撮れる。

 E-30ユーザーの中には、なーんだ、それだったらもう少し辛抱してE-620のほうを買っていたのに、と悔しい思いをしている人も多いのではないだろうか。Eシリーズの新製品が出るのをじっと待っていて、そのタイミングにE-30が発売された。よしっ、待ってました、とE-30を購入した人は、まさかその数ヶ月後に、より小型で軽量で手ブレ補正もアートフィルター撮影の機能もある、撮影機能もE-30とあまり違わない、それになんといっても安いE-620が発売されるなんて、考えてもいなかったんじゃないか。


 オリンパスにはユーザーのそのへんの気持ちの“機微”をもうちょっと読んでほしかったと思う。E-30もE-620も価格は3万円以上は違うけれど、備わっている撮影機能を見比べればクラス的には、ほぼ同等だもん。

 夏に発売予定といわれているマイクロフォーサーズの新型機種も、E-620の前に大きく立ち塞がっているようにも感じる。マイクロフォーサーズとは言っても、E-620に使っているフォーサーズの撮像センサーとサイズはまったく同じだし、新マイクロフォーサーズのほうに画期的な撮像センサーが搭載されるとは考えにくいし、画素数も同じようなものだろうし画質については良くなることはあってもE-620よりも悪くなることはないだろう ―― こんなことは、あらためて言うまでもないことで皆さん知っていることですよね。そして、新マイクロフォーサーズのカメラ用に開発されている新型レンズは、ひょっとして素晴らしく魅力的なものかもしれず、撮影機能もE-620よりもアップして出てくる可能性だって高い。そうなると、われらがフォーサーズカメラのほうは、だんだんとシュリンクしてしまうのだろうか…。
 などあれこれ想像していると、どうしても視線は“直近のカメラ”のほうに進んでしまい、ますますE-620の影が薄くなってくる。実力のあるカメラなのに、惜しい。